水銀の取り扱いについて


以前は家庭でも病院でも水銀体温計を
使用するところが多いでした。最近は殆ど見られなくなりました。
水銀体温計を割ったりして、中の水銀が
外部に漏れた場合の取り扱いには注意が必要です。
体温計に使われている水銀は胃や腸から
は殆ど吸収されず便と一緒に排出されます。
心配なのは、水銀を空気に触れたままに
しておくと気化してしまい、その蒸気を
吸うと体に害を与えます。
水銀が室内にこぼれた場合は換気をよく
してから、処分して下さい。

◆水銀の害

水銀を飲み込んだ場合は、胃や腸からは
殆ど吸収されず、体外に排出されるので
殆ど無害ですが、気化した水銀の蒸気を
吸い込むと肺から吸収され、人体に害を与えます。
皮膚に触れた場合は、アレルギーを起こす場合もあります。

◆水銀の具体的な処理方法

①処理する前に換気を良くする
気化した水銀は空気より重たい為、部屋
の床面を重点に換気をします。
小さい子供がいる場合は、別の部屋に移します。

②マスクと手袋を着用する
直接皮膚に触れない様にゴム手などを着用します。

③水銀を密封容器などに封入する
水銀は表面張力が強くコロコロとして
いて集めにくいですが、皮膚に触れない
ようにして、新聞紙や厚紙等で上手にすくい上げます。
密封容器や二重にしたポリ袋等に入れて
空気が漏れないようにしっかり封をします。
密封容器は金属製のものは、水銀と反応
する危険がある為使用しない。

④密閉容器等に封入後は、室外に置く

⑤分別して廃棄
処理した水銀は、各地域で指定された方法で分別します。
有害ゴミとして分別している地域もあります。
廃棄するときは、各地域で処分の方法が
違いますので、役所などに問い合わせて下さい。

続きはこちらです⇒ 水銀を吸い込んだ場合は?






◇参考文献
書籍
「最新医学大辞典」 医歯薬出版株式会社 p869
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 小学館 p33~p36
「フィジカルアセスメントナースに必要な診断に必要な知識と技術」医学書院 p33~p35
「ナースのための感染症マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p22 p23
「人体生理学ノート」 金芳堂 p57
「ナースに必要な日常英語表現と略語」第2版 医学書院 p158
「ポケット版カルテ用語辞典」編集大井静雄 照林社発行 小学館発売 p8
「家庭医学大百科」主婦の友社 p1231

インターネット
「ウィキーぺディア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/バイタルサイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/体温