気管切開のメリット


ここでは主に外科的気管切開について、
まとめてあります。


●気管内の分泌物を容易にとり除くことが出来る
自力で痰の喀出が困難、又は出来ない時
には、すぐに痰を吸引して取り除くことが出来ます。


●緊急時の呼吸管理が迅速に出来る
例えば、自発呼吸が困難になった時、
すぐに人工呼吸器に装着することが可能になります。

●その他(経口や経鼻からの挿管との比較)
管が短い
管が短いと以下のようなメリットがあります。
・痰などが詰まり難い
・不潔になり難い
・閉塞し難い
・事故抜去し難い
 など

管理が容易
カニューレの挿入や固定がしやすい。
痰などの吸引がやりやすい。
など

発声や飲食が可能
経口や経鼻からの気道確保の場合は、
発声や飲食が出来ません。
気管切開の場合は気管カニューレの種類
などにより、発声や飲食が可能になります。

負担の軽減
口や鼻から管が挿入されていると、患者
さん自身の負担は大きくなります。

口腔内の清潔保持がより可能になる
経口や経鼻の気道確保に比べ、口腔内の
ケアが容易に出来る為、清潔を保持でき
口腔内疾患や肺炎等の感染症へのリスク
もより小さくなります。
など

医療者側のメリット(気管内挿管との比較
上記以外にも、事故抜管時のチューブの
入れ替えが、気管内挿管より容易に行えます。
意思疎通などもよりし易くなります。

続きはこちらです⇒ 気管切開のデメリット






◇参考文献
書籍
「気管切開-最新の手技と管理」 改訂第2版 p31~p34
「最新医学大辞典」p839 p279
「家庭医学大百科」 p322~p323
「ナースに必要な診断の知識と技術:フィジカルアセスメント」p49
「続まんがで見る手術と処置」p38
「イラスト救急処置マニュアル」p2,p3 
「最新基本手技AtoZ」p61

インターーネット
ウィキーペディアHP内
ja.wikipedia.org/wiki/気管切開