気管内チューブの各部の役割


ここでは、主に成人用の従来型の標準的
なチューブについて記載しています。

◆チューブ本体

チューブ本体は、気道の役割をしています。

◆カ フ

カフを膨らませることで、チューブと
気管の隙から酸素などが漏れない様にし
換気をスムーズにする役割があります。
又、誤嚥、位置のずれ、抜管、気管壁の
損傷などを防ぐ役割もしています。

◆マーフィー孔

チューブの先の側面にあるマーフィー孔
は、チューブの先端が分泌物や気管壁等
でふさがれた時にも、マーフィー孔から
換気が出来るようにしてあります。

◆インフレーションライン(インフレーティングチューブ)

カフとパイロットバルンをつなぐ管で、
カフを膨らませる時の、空気の通り道です。

◆パイロットバルン

インフレーションラインでカフと繋がっ
ているため、カフの状態を確認することが出来ます。
カフ圧の高低、カフの破損などを確認することが出来ます。

カフはとても大切な役割をしていますが、
カフ圧が高いと気管壁を損傷するリスクが高くなります。
低いとエアリークや誤嚥などの危険があります。
カフ圧をより正確に調節するには、
カフ圧計での計測が推奨されています。


◆一方弁(インフレーションバルブ)

パイロットバルンの先に付いており、
カフを膨らませる時の、シリンジの挿入口。
カフ内の空気の出し入れをしています。
弁が付いているため、空気漏れを防ぐ役割をしています。

カフを膨らませたあと、シリンジをつけた
ままにしておくと、空気が徐々に抜ける
リスクが高くなるため、空気を入れた後は
必ずシリンジを取り外します。


◆コネクタ(スリップジョイント)

マスクや人工呼吸器などを接続する部分になります。又、痰などの
分泌物を吸引する時の、吸引カテーテルの挿入部になります。

◆ベベル

気管内チューブの先端部分で挿入し易い
ように、切り口が斜めになっています。


◆X線不透過ライン

気管内チューブが、適切な位置に挿入
されているか、X線で確認できます。


◆リングマーク、目盛

挿入する長さの把握、固定する時の位置
確認などに役立ちます。

カフ圧について
一般的なカフ圧の目安は、
20~25cmH2O(水柱圧)。
チューブの種類などにより数値の範囲や
単位が異なる場合もあります。
カフ圧計がない場合は、パイロットバル
ーンの膨らみが耳たぶ程度の感触を目安
とする場合もあります。


続きはこちらです⇒ 気管内チューブのサイズ






◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版
「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ
「はじめて人工呼吸器」p12~p17メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」 p55~p60EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36p~39小学館 
「最新医学大辞典」 p279 (医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版

インターーネット
「厚生労働省HP」
「ウィキペディア」