外殻温度の測定方法


◆外殻温度(末梢皮膚温)の適応

末梢皮膚温を測定する目的は、殆どが
深部体温との温度差を知る為です。
温度差が重要になるケースとしては
心疾患や心臓手術などがあります。
末梢循環不全のリスクが高い場合などに測定されます。
全身麻酔中の悪性高熱症の診断やシバリ
ングの予測などにも必要になります。
測定部位としては、足底部や手掌部などです。

*目的や病態などにより他の部位も選択されます。

◆測定方法

皮膚表面用の体温プローブを皮膚に張り付けます。
皮膚表面用のプローブの先は、貼り付け
やすいように丸く平らになっています。
プローブの先はにサーミスタが封入されています。
貼り付ける前は、皮膚を清潔にして乾かしておきます。
専用のカバーをセンサーの反対側に取り
付けて、センサー側を皮膚に張り付けます。
病状などが安定するまで、又は目的の
データが集まるまで測定します。
外殻温度は変動しやすいため、モニターで観察・記録されます。

◆メモ◇~~~~~~

人が暑くもなく寒くもない時の皮膚表面
の温度は34度とされています。
外気温等に最も大きく影響される部分は
足底部や手掌部になります。
深部温度と外殻温度(末梢皮膚温)の
差は部位にもよりますが、約2~3℃とされています。
温度差が大きいと末梢循環不全のリスクが高くなります。

~~~~~~~~~~~~~

次の項目はこちらです⇒ 体温計について 




◇参考文献
書籍
「最新医学大辞典」 医歯薬出版株式会社 p869
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 小学館 p33~p36
「フィジカルアセスメントナースに必要な診断に必要な知識と技術」医学書院 p33~p35
「ナースのための感染症マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p22 p23
「人体生理学ノート」 金芳堂 p57
「ナースに必要な日常英語表現と略語」第2版 医学書院 p158
「ポケット版カルテ用語辞典」編集大井静雄 照林社発行 小学館発売 p8
「家庭医学大百科」主婦の友社 p1231

インターネット
「ウィキーぺディア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/バイタルサイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/体温