挿入時の陰圧のかけ方


ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。
一つの例として参考にしていただければと思います。
ひとり一人看護の方法は異なりますので、
詳細に関しては 担当医師や看護師などと
よくご相談ください。
各医療機関や医師、看護師などにより、
治療方針や看護方針、手技、取り扱う医療
機器など異なる場合もあります。
一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

◆挿入時の陰圧のかけ方は?

吸引圧をかけずにカテーテルを挿入する
ことが基本になります。

気管内に挿入する前に鼻腔、口腔、咽頭
などに存在する分泌物を吸引しておきます。
気管内に挿入することが優先される場合
は、吸引圧をかけながらの方が食道内に
入るリスクを少しでも避けられると思います。
痰が気管の上部に上がってくる場合が
多いので、圧を止めずに吸引することに
より、痰の存在を確認出来ます。
痰は気管の上部に上がってくる場合が
多く、深く挿入しなくても短時間で吸引
できる場合も多いと思います。
又、陰圧をかけ始めるのは、咽頭の中央
辺りからになりますので、カテーテルを
開放する瞬間に生じやすい一時的な圧の
上昇による、気管壁への負担をより小さ
くすることが出来ます。
痰などの吸引音がしなくなるか、ある
程度吸引出来たら、吸引圧を止めて引き上げます。

気管内へ挿入する感覚がつかめたら、陰圧を止めて挿入。

痰の貯留している位置が、気管下部や気管
支内の場合は、陰圧をかけずに挿入します

気管カニューレや気管内チューブから吸引
する場合は、吸引カテーテルが食道に入る
危険はありませんので、圧を止めて挿入します。

基本的な操作としては、陰圧を止めた
状態で一定の長さまでカテーテルを挿入
した後、陰圧をかけて引き上げていきます。

理想的な吸引の方法としては、カテーテ
ルは吸引器に繋がずに、決めた長さまで
挿入した後、吸引器をONにしてから
カテーテルに繋ぎ吸引するか、バキュー
ムブレーカー付きのカテーテルを使用し
ます。
これらの方法では気道粘膜の損傷や
低酸素血症などのリスクをより低くします。

続きはこちらです⇒ 吸引の順番 







◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版
「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」 インターメディカ 
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」小学館 
「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

インターネット
「医薬品医療機器情報提供ホームページ」
「厚生労働省HP」
「ウィキペディア」