気管切開について


◆気管切開とは?

気道を確保するための処置の一つです。
気管に穴を開けて、直接、気管内に
カニューレを挿入し、気道を確実に確保
する方法です。
気管カニューレを通して、呼吸と痰等の
分泌物を吸引又は喀出することになります。

◆気管切開の種類

気管切開には、外科的気管切開と経皮的
気管切開があります。
最近では侵襲性のより低い、経皮的気管
切開が行われてきている様です。

気管内へのアクセスの方法には、緊急時の
気道確保や痰などの吸引目的で実施される
輪状甲状間膜切開、輪状甲状間膜穿刺もあります。


気道確保について
呼息と吸息が出来るように気道を開いて
おくことを、気道の確保といいます。
気道が塞がれたり、狭くなったときに、
呼吸がスムーズに出来るようにするには
空気の通り道(気道)をきちんと開いて
おくことが必要になります。

気道確保の方法
気道確保の方法には、頭部後屈あご先
挙上法、下顎挙上法、エアウエイの挿入
気管内挿管、気管切開、輪状甲状間膜
切開、輪状甲状間膜穿刺等があります。
一般的には、緊急時の心肺蘇生時に実施
される、頭部後屈あご先挙上法、
下顎挙上法等を気道確保と呼んでる場合が多いです。
輪状甲状間膜切開や輪状甲状間膜穿刺は
緊急的な気道確保の際に実施されています。

続きはこちらです⇒ 外科的気管切開






◇参考文献
書籍
「気管切開-最新の手技と管理」 改訂第2版 p1~p7
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!
 気管吸引あんしん教育ガイド」メディカ出版」p10~p11
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p110~p112 p119 p127~p128 p140
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」MCメディカ出版 p111~p119  
「続まんがで見る手術と処置」p36~p39
「ナース必携 最新基本手技AtoZ」p61~p63

インターーネット
ウィキーペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/気管切開