頻脈性不整脈について

 

頻脈性不整脈には、洞性頻脈、
発作性上室性頻拍、心房粗動
心房細動、心室頻拍、心室粗動、
心室細動などがあります。

心室性の頻脈の場合は、他の頻脈より
緊急性が高く、生命の危険が極めて高くなります。

脈拍数が多くなると触診では回数を正確
に数えられなくなったり、脈拍の性状等
が把握し難くなります。その為、心電図
を測定して正確な心拍数やリズム、性状
などを把握します。

激しい運動をした後や精神的興奮などで
生理的に脈が速くなる場合もあります。
生理的な頻脈の場合は心身の安静後は、
徐々に正常な回数に戻ります。自覚症状
(動悸や息苦しさなど)は無いか、
あっても軽度の場合が多いようです。

続きはこちらです→ 洞性頻脈について

心臓の刺激伝導系
正常な刺激伝導では、右心房の上大静脈
基部にある洞(房)結節から電気的刺激
が規則正しく発生します。ここから発生
した刺激が、心房から心室へと伝わります。
洞結節が正常に機能している状態を正常洞調律といいます。
洞結節に次いで右心房、少し遅れて左心房が興奮します。
さらに心房と心室の間にある房室結節に
興奮が伝わり、心室中隔にあるヒス束を
通り左脚と右脚に伝わります。
最後にプルキンエ線維によって心室心筋に刺激を与えます。

プルキンエ線維はヒス束から始まり、左脚
右脚にわかれ、枝分かれし、心室の内壁を覆っています。







◇参考文献
書籍
「ナース必携心電図マニュアル」小学館 p83 p104~p113 p118~p123
「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂 1985 p86~
「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社 洞性頻脈 p1011 発作性上室性頻拍 p1347 心房粗動 心房細動 p734 心室粗動、心室細動 p711
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館 p118~

インターネット
ウィキペディアHP
http://ja.wikipedia.org/wiki/頻脈
http://ja.wikipedia.org/wiki/心房細動