気管支内の吸引


ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。
一つの例として参考にしていただければと思います。
ひとり一人看護の方法は異なりますので、
詳細に関しては 担当医師や看護師などと
よくご相談ください。
各医療機関や医師、看護師などにより、
治療方針や看護方針、手技、取り扱う医療
機器など異なる場合もあります。
一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

◆気管支内の吸引

顔が正面に向いている状態では、吸引
カテーテルは右の気管支に入りやすいと
されています。右の気管支の方が左の
気管支より太く、角度も小さい為です。
左の気管支に痰が溜まっているようで
あれば、顔を右側に向けるとカテーテル
が左の気管支へ入りやすくなります。
右の気管支に確実に挿入する場合は、
左に顔を向けます。

気管支内へ挿入する時は、門歯又は鼻先
から気管分岐部(第4~5胸椎、胸骨角
あたり)より数センチ長くなりますが、
気管支内の吸引は合併症のリスクが高く
なりますので、細心の注意が必要です。

気管支内への吸引は、吸引圧をかけてい
る時間が長くなりがちです。
短いにこしたことはありませんが、出来
れば10秒以内、長くても15秒迄です。

気管支内の吸引は、合併症のリスクが高く
なるため、酸素吸入、アンビューバッグ等
が必要になるときもあります。


続きはこちらです⇒ 吸引カテーテルの清潔保持

 







◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版
「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」 インターメディカ 
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」小学館 
「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

インターネット
「医薬品医療機器情報提供ホームページ」
「厚生労働省HP」
「ウィキペディア」