心室頻拍(VT Ventricular Tachycardia)について


心室頻拍は、心室自体から発生する興奮
が連続して頻回に起こる状態です。
重症不整脈の一つです。
心室細動に移行するおそれがある危険な病態です。
心室性の期外収縮が続けて3個以上出現
し心拍数が100回/分以上になります。
RR間隔は比較的一定で、QRS波は幅が広い。

心室頻拍は発作の持続時間が30秒以内の
非持続性心室頻拍(NSVT)と、
30秒以上の持続性心室頻拍(SVT)に
分類されています。
非持続性心室頻拍には、正常な心拍
(洞性心拍)を数拍はさんで出現する
反復型心室頻拍もあります。

非持続性心室頻拍の場合は、基礎心疾患
や症状(めまいや意識障害など)がある
場合は、治療が必要になります。又、
頻回に非持続性心室頻拍が起こる場合は
心機能低下のリスクが高くなるため、
症状がなくても治療が必要になります。
持続性心室頻拍や心室細動に移行した
場合は電気ショックが必要になります。
30秒以内の非持続性心室頻拍は、健康な
人で自覚症状がなく、脈拍が触れて血行
動態が安定(心機能低下がない)してい
る場合は治療を必要としませんが、経過観察は必要です。

持続性心室頻拍(SVT)は自然に止まら
ない為、電気ショックが必要になります
心室細動に移行するリスクが高いため
薬物治療や人工ペーシングの治療が必要になります。

*心室性の不整脈は、上室性の不整脈より緊急性が高くなります。


心室頻拍は脈は触れる?
脈が触れる場合と触れない場合があります。
橈骨動脈では触れなくても頸動脈では
触れる場合もあります。
脈が触れない心室頻拍(無脈性心室頻拍)
の場合は、心室細動と同様に早急な電気
ショックが必要になります。

心室頻拍の特殊型
心室頻拍の特殊型として、トルサード・
ド・ポアンツがあります。
QRS波の形と振幅が変化し、全体的に
ねじれるように見える特徴的な波形を示します。
自然に正常洞調律に戻る一過性のものも
あるようですが、心室細動に移行する
こともある危険な不整脈になります。
症状としては短時間の場合は、動悸、
眩暈など、長時間続く場合は意識消失、
突然死などがあります。
主な原因として、下痢、低マグネシウム
血症、低カリウム血症等があります。
他にも、栄養失調、アルコール依存症、
先天性や薬物によるQT延長等もあります。


血液循環
上大静脈・下大静脈→右心房→右心室
→肺動脈(静脈血)
→肺(ガス交換・外呼吸)
→肺静脈(動脈血)→左心房→左心室
→大動脈→全身の動脈
→毛細血管(ガス交換・内呼吸)→静脈
→上大静脈・下大静脈→右心房

続きはこちらです→ 心室細動について






◇参考文献
書籍
「ナース必携心電図マニュアル」小学館  p118~p121
「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂 p88
「家庭医学大百科」主婦の友社 p283
「ゼロからわかる救急・急変看護」成美堂出版 p105

インターネット
ウィキペディアHP
http://ja.wikipedia.org/wiki/頻脈
https://ja.wikipedia.org/wiki/心室頻拍
https://ja.wikipedia.org/wiki/トルサード・ド・ポワント
http://ja.wikipedia.org/wiki/不整脈