気管内チューブ


ここでは、主に成人用の従来型の標準的
なチューブについて記載しています。

◆気管内チューブとは?

気道を確実に確保するために、気管内に
挿入する細長い管。
挿管チューブ、気管チューブとも呼ばれています。
口又は鼻から挿入し、気管内に固定します。

◆構造と各部の名称

チューブ本体に、コネクタ、カフ、
パイロットバルン、 インフレーション
ライン、マーフィー孔(孔の無いものも
あります)、X線不透過ライン、
ベベル、一方弁、リングマーク、目盛、
などが付いています。

チューブ先端の側面に、
孔(マーフィー孔)があります。
(孔がないものもあります)

気管内チューブの先端から2~3cmの
部分に、カフ(バルーン)が付いています。

チューブの中央よりやや上の部分から
インフレーションラインが枝分かれして
います。

インフレーションラインの先に、
パイロットバルンが付いています。

パイロットバルンの先に一方弁がついています。


チューブ本体の上部にコネクタが付いています。

気管内チューブの種類により構造等が多少異なります。
又、メーカーによって各部の名称も多少異なります。
新生児や小児の場合はカフなしのチューブ
を挿入する場合が多いです。


続きはこちらです⇒ 気管内チューブの役割






◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版
「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ
「はじめて人工呼吸器」p12~p17メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」 p55~p60EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36p~39小学館 
「最新医学大辞典」 p279 (医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版

インターーネット
「厚生労働省HP」
「ウィキペディア」