水銀を誤って飲み込んだ場合


体温計に使用されている水銀は金属水銀
で、体温計1本分の量の水銀を誤って呑
み込んでも、消化管から吸収されるのは
極わずかな為、ほとんど害はないようです。

水銀はタンパク質と結合して便と一緒に
排出されます。牛乳や卵白等タンパク質
の多い物を摂取するといいようです。

多量に飲みこんだ場合は、胃穿孔の危険
があるため、応急処置が必要。
消化管に潰瘍などの疾患がある場合は処置が必要になる場合も。


中毒110番では一般の方に対しては、
無料で相談を受けている様です。
詳細は下記をご参照下さい。
厚生労働省HP内
(財)日本中毒情報センター 一般市民向け受信相談の電話番号


続きはこちらです⇒ 赤外線体温計






◇参考文献
書籍
「最新医学大辞典」 医歯薬出版株式会社 p869
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 小学館 p33~p36
「フィジカルアセスメントナースに必要な診断に必要な知識と技術」医学書院 p33~p35
「ナースのための感染症マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p22 p23
「人体生理学ノート」 金芳堂 p57
「ナースに必要な日常英語表現と略語」第2版 医学書院 p158
「ポケット版カルテ用語辞典」編集大井静雄 照林社発行 小学館発売 p8
「家庭医学大百科」主婦の友社 p1231

インターネット
「ウィキーぺディア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/バイタルサイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/体温