気管カニューレの材質

 

気管カニューレの材質には、非金属製
(シリコン製など)と金属製のカニューレがあります。
非金属製の気管カニューレが主流です。
金属製の気管カニューレは、長期間使用
する時に使用されるケースが多いです。

◆非金属製(シリコン製など)のカニューレ
金属製のものより手間がかからず感染の
リスクもより低い等の利点があります。
又、様々な種類があり患者さんにより適
したカニューレを選択することができます。
非金属製の気管カニューレは、使い捨て
(ディスポ)が基本になります。

在宅では再利用するケースが多いです。


◆金属製のカニューレ
金属製のカニューレは劣化し難く、繰り
返し利用することが出来ます。
気管切開が長期間必要な場合は、金属製
のカニューレの方が経済的な面では利点があります。
欠点としては、非金属製のものより硬い
為、切開口や気管粘膜への刺激が大きい
消毒薬が限られる、カニューレの種類が
少ない、金属アレルギーなどが挙げられます。

カニューレ(カニューラ)とは?
チューブ類の一つ。
カテーテルやカニューレは医療用チューブの総称です。  
医療機関でよく耳にするのが、
気管カニューレ、鼻腔カニューレ等があります。

カニューレは、ドイツ語の発音で Kanule
英語では、Cannula(カニューラ) 

カニューレについての詳細は下記をご参照ください。
カニューレ/カニューラ(当サイト内)

続きはこちらです⇒ 気管カニューレの構造と役割






◇参考文献
書籍
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」
  p13~p14メディカ出版
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人日本訪問看護財団(編)p68
「気管切開-最新の手技と管理」 改訂第2版

インターーネット
厚生労働省HP内 2.喀痰の吸引 Slide2-47:気管カニューレの種類 p49
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/
dl/text_03.pdf
喀痰の吸引 Slide2-98:みなさんに吸引していただく部位は p67
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/
dl/manual_05.pdf