気管切開に伴う合併症:晩期


ここでは主に外科的気管切開について
まとめてあります。

気管切開に伴う合併症には様々なものがあります。
気管切開の術中や気管切開後の早期、晩期
にそれぞれ起こりやすい合併症があります

◆気管切開に伴う合併症:晩期

●気道粘膜の損傷、出血
咳や体動等で気管カニューレがずれたり
した場合は、カニューレの先端が気管壁
に接触する危険があります。
接触している期間が長いと、血管が傷つ
いて出血する可能性があります。
又、気管カニューレの先にあるカフが硬
い(空気の入れすぎ)と粘膜を損傷する
リスクが高くなります。
圧迫が長期間続いた場合は気管壁が壊死
を起こす危険もあります。
気管食道瘻や気管腕頭動脈瘻を形成する
リスクが高くなります。
気管内吸引の時にも注意が必要です。
吸引時は必ず出血の有無を確かめます。

気管切開後の晩期で最も重篤な合併症は
気管腕頭動脈瘻と言われています。
腕頭動脈が気管の前を斜めに走行しているためです。


●気管狭窄・閉塞
乾燥した分泌物や出血、肉芽、不適切な
カニューレの固定などが原因で、気道が
狭くなったり、閉塞する可能性があります。

●事故抜去(自然抜去、自己抜去)
固定が不十分だったり、カフが柔らかす
ぎると抜けたり、ずれたりする危険があります。
カニューレが抜けると、気道閉鎖、気道
狭窄などで呼吸困難を引き起こすリスク
が高くなります。
位置がずれると、カニューレの先端が
気管壁を傷つけるおそれがあります。
特に体位交換、咳嗽、吸引などの時は、
リスクが高くなります。

●その他
肉芽の形成(気管内、気管切開孔)、
気管腕頭動脈瘻、気管食道瘻、
気管カニューレの抜去困難、気管切開口
の閉鎖困難、切開口の拡大、誤嚥など。

特に重篤な合併症には、気管腕頭動脈瘻
と気管食道瘻があります。

気管切開後の晩期とは?
目安は気管切開後、1週間後。

気管食道瘻
気管に穴が開いて食道まで貫通し、瘻孔
が形成された状態。
併発すると肺炎、呼吸困難などを伴う。
気管内吸引時に血液や胃の内容物、食物
残渣等、いつもと異なる物が吸引されて
いないか観察が必要。

気管腕頭動脈瘻
気管食道瘻と同様に、瘻孔が形成された状態。
併発すると失血死の確率が高い。
腕頭動脈が気管の前を、斜めに走行して
いるため、カニューレ先端の接触やカフ
による圧迫等で気管壁が損傷した場合に併発しやすい。
下位気管部の切開で起こりやすい。
症状が急激に悪化する場合も多いため、
急変時の場合は、吸引時の血液混入の有無を確認する。

続きはこちらです⇒ 気管カニューレについて






◇参考文献
書籍
「気管切開-最新の手技と管理」 改訂第2版 p31~p34
「続まんがで見る手術と処置」p38
「最新基本手技AtoZ」p63
「気管吸引のガイドライン完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」p46 p47 メディカ出版
「呼吸サポートチームのための呼吸管理 セーフティーBOOK」 p118 メディカ出版

インターーネット
ウィキーペディアHP内
ja.wikipedia.org/wiki/気管切開