固定する時に注意すること


固定の方法にはいろいろあります。
医療機関や医師、看護師等により固定方法は異なります。
又、患者さんの状態などによっても違ってくると思います。
一つの例として参考にして頂けたらと思います。


ここでは経口挿管の時の固定方法を記載しています。

◆チューブがずれない様にする

固定する時に、一番注意しなければなら
ないことは、気管チューブの位置のずれ
(深さの変化)です。
テープをチューブに巻きつける時は常に位置の確認をします。
マジックなどで印をつけておくと、確認しやすくなります。
チューブに巻きつけるときは、印が見え
るようにして、伸ばし気味に貼ります。

気管チューブだけ持つとずれてしまう為
チューブを持つと同時に指や手のひらで
下顎等を持って安定させます。

気管チューブとバイトブロックは別々に固定します。
舌などを動かした時に、バイトブロック
も動く可能性が高い為です。
バイトブロックと共に気管チューブも動いてしまいます。
最初に気管チューブをしっかり固定して
から、別のテープでバイトブロックと共
に固定するか、バイトブロックだけ固定します。
出来れば、別々に固定したほうがより安全だと思います。

◆口唇を圧迫しないようにする

口唇や皮膚に貼る時は、少し緩めて貼ります。
特に口唇の場合は、きつく貼ると潰瘍を形成する危険もあります。
皮膚に貼付する面積が広がらないように
テープに重なる面を多くします。

◆下顎には貼らない方がより安全

下顎は動きやすい為、固定が緩みがちに
なったり、気管チューブの位置が変動し
たりするリスクがあります。

患者さんの状態などによっては下顎に貼付
する場合もあると思います。


続きはこちらです→ 麻酔薬、潤滑剤等について







◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版
「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ
「はじめて人工呼吸器」p12~p17メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」 p55~p60EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36p~39小学館 
「最新医学大辞典」 p279 (医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版