気管内チューブの選択


各医療機関や医師、看護師などにより、
取り扱う医療機器など、異なる場合もあります。
一つの参考例としてご利用頂ければと思います。


一般的には標準的な気管内チューブが
使用されるるケースが多い様です。
救急処置、集中治療、手術、病態など、
その時の状況によって、より適切な種類が選択されます。

◆救急処置

緊急時の場合は確実な気道の確保
(救命)が最優先されますので、緊急時
に使用する救急カート等には、標準的な
種類の気管内チューブが用意されている
ところが多いと思います。
標準的な気管内チューブは、成人用で
あればカフ付きのチューブになります。
カフ上部の吸引機能や、ランツシステム
ワイヤ等は付いていないチューブになります。

病態によっては、特殊なチューブが必要に
なる場合もあります。
新生児や小児の場合はカフなしのチューブ
が使用されることが多いです。
カフ圧計が使用できないチューブもあります。


◆集中治療

標準的な気管内チューブも使用されて
いますが、長時間必要な場合は、カフ圧
の管理がより適切に出来るチューブも選択されます。
カフ上部の吸引機能やランツシステム等
の付いたチューブになります。
カフは大容量で圧が低いカフ(ハイ・ローカフ)が使用されます。

◆手術

手術で全身麻酔をする場合は気管内チュ
ーブを挿入して、呼吸管理をしています
吸入麻酔薬や医療用ガスを管を通して投与します。
特に問題がなければ、通常は手術室を
退室する前に抜管します。
標準的なチューブも使用されていますが
麻酔用のチューブもあります。又、耳鼻
眼、口腔、顔面などの手術の時は、術野
が邪魔されないチューブ(レイチューブ
など)が使用さるケースもある様です。
頸部や頭部などを手術する時は、らせん
状になった金属製のワイヤが入っている
スパイラル気管チューブやリンフォース
気管内チューブなどが使用されるケース
もあるようです。自由に曲がり、内腔
が閉塞されない利点があります。

◆その他

緊急時は経口挿管が第一選択ですが、
口腔などに疾患や外傷などがある場合や
手技的に困難な場合は経鼻になります。
又、挿管が長時間続く場合は経鼻になる場合もあります。
*種類によっては、経口用、経鼻用があります。

挿管が長期になる場合は誤嚥による肺炎
や気管粘膜損傷等のリスクが高くなる為
より適切なチューブが選択されます。
ハイ・ローカフでカフ上部の吸引機能付
きのチューブが選択されるケースが多いです。
さらにランツシステム付きのチューブもあります。

ランツシステムとは?
カフ内圧を自動的に調節する機能。
長時間挿管が必要な場合のカフによる
合併症を防ぐ役割があります。
圧が低すぎるとエアリークや不顕性誤嚥
による肺炎のリスクが高くなるため、
カフ内圧の調節は重要になります。


続きはこちらです→ スタイレットについて






◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版
「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ
「はじめて人工呼吸器」p12~p17メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」 p55~p60EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36p~39小学館 
「最新医学大辞典」 p279 (医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版

インターーネット
「厚生労働省HP」
「ウィキペディア」

各製品(気管内チューブ)の添付文書