カフ圧計について

 

◆カフ圧計の役割

気管内チューブのカフ圧を計測し適正な
圧に調節することが出来ます。
カフ圧をより正確に調節することで、
エアリークの防止や不顕性誤嚥の軽減、
気管壁の損傷などを抑えることが出来ます。


◆カフ圧計の構造

ディスプレイ(アナログ式の圧力計)
リリースボタン(圧力調製ネジ)
グリップ(インフレーション
バルブ、空気ポンプなど)
ルアー接続部
バキュームバルブなどから構成されています。

付属品としては接続チューブ(耐圧チュ
ーブ、延長チューブ等)があります。

◆カフ圧計の種類

アナログ式が殆ど。
自動カフ圧の場合はデジタル式。
大容量・低圧カフ専用のカフ圧計もあります。

*メーカーにより構造や名称、形状等多少異なります。

カフの役割
主な役割はエアリーク防止と不顕性誤嚥
の軽減です。
他には、気管内チューブのずれ防止や
チューブの先端などで管壁傷つけない
効果などもあります。


続きはこちらです→ カフ圧計の使用方法①






◇参考文献
書籍
「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版
「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ
「はじめて人工呼吸器」p12~p17メディカ出版
「ナース必携最新基本手技AtoZ」 p55~p60EXPERT・NURSE 
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン
「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36p~39小学館 
「最新医学大辞典」 p279 (医歯薬出版株式会社)
「イラスト救急処置マニュアル」南江堂
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版

インターーネット
医薬品医療機器情報提供ホームページ内
ハイ・ロー・ハンドカフ圧ゲージII
//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00069VB001A_A_08_01/
自動カフ圧コントローラ
//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00069VB002A_A_02_01/