体温測定の部位


体温は心臓から送り出されるときの
大動脈を流れる血液の温度といわれて
いますが、直接血液内の温度を測定する
のは困難な為、測定しやすい部位が選択
されています。
外部環境に影響を受け難い核心温度
(深部体温)を、より正確に測定する
ことが大切になります。

外殻温度は主に、深部体温との温度差を
把握する時に測定されます。


◆深部体温の測定部位

環境に左右されやすい外殻温度(皮膚温
や末梢温など)より、深部体温(核心温
度)を測定することが大切になります。

通常は体の深部を直接測定することは
困難なため、深部体温に比較的近く、
測定しやすい部位が選ばれます。
腋窩(腋の下)、耳(鼓膜)、口腔、
肛門(直腸)などになります。
最も多い測定部位は、腋窩(腋の下)になります。

乳幼児の場合は、直腸温や鼓膜温がより
安全で正確に測定できます。

基礎体温を測定するときは口腔温になり
ます。腋窩より外部環境の影響が小さく
より深部体温に近いためです。

新生児や乳幼児の場合は鼓膜や直腸で
測定している場合が多いです。
病態によっては、膀胱温や肺動脈血温、
食道温などを測定する場合もあります。


◆外殻温度(末梢皮膚温)の測定部位

末梢温を測定する目的は、主に深部体温
との温度差を知る為です。

温度差が重要になるケースとしては
心疾患や心臓手術などがあります。
末梢循環不全のリスクが高い場合に測定されます。
全身麻酔中の悪性高熱症の診断や
シバリングの予測などにも必要になります。
測定部位としては、足底部や手掌部などが多いです。

◆メモ◇~~~~~~~~
シバリングとは?
比較的長時間続く体の震え。
術中・術後に起こるシバリングは主に
体温低下が原因。
全身の筋肉が小刻みに震えることで産熱
を多くして、体温低下を防ごうとする
生理的な現象。
◆~~~~~~~~~~~◇

続きはこちらです⇒ 体温の測定方法






◇参考文献
書籍
「最新医学大辞典」 医歯薬出版株式会社 p869
「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 小学館 p33~p36
「フィジカルアセスメントナースに必要な診断に必要な知識と技術」医学書院 p33~p35
「ナースのための感染症マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p22 p23
「人体生理学ノート」 金芳堂 p57
「ナースに必要な日常英語表現と略語」第2版 医学書院 p158
「ポケット版カルテ用語辞典」編集大井静雄 照林社発行 小学館発売 p8
「家庭医学大百科」主婦の友社 p1231

インターネット
「ウィキーぺディア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/バイタルサイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/体温