咳の原因


咳の原因は様々です。
原因がはっきりしている咳もあれば、
そうでない咳もあります。
病的な咳もあれば、病的でない咳もあります。


●病的な咳 

細菌やウィルスなどによる気道感染、
アレルギー、アトピー、気管支喘息、
咳喘息、気管支炎(急性・慢性)、
気管支拡張症、間質性肺炎、結核、
肺がん、肺腫瘍、肺水腫、気胸、胸膜炎
心不全、後鼻漏、胃食道逆流症等様々。

●病的でない咳(生理的な咳)

気温の変化に伴う咳
冷たい空気や湯気を吸い込んだ時等に
起こる

ストレス
心理的なストレスなどでも咳がでることも。

煙、埃など
大気の汚染が原因で引き起こされる咳。

誤嚥
気管内に食物などの異物が入る。

ガス
刺激性のあるガスを吸い込んだとき。

刺激臭
強い刺激臭
など

生理的な咳では痰を伴わない空咳が多く
原因が取り除かれればすぐ治まります。
誤嚥の量や種類で生命の危険を伴うこともあります。
有毒なガスを吸い込んだ場合も、生命の
危険を伴うことがあります。


●その他の原因

・ACE阻害薬(降圧作用)の副作用
・心因性の咳
・三叉神経性反射咳 など


心因性の咳について
咳は反射的に起こる咳もあれば意識して
起こすことが出来る咳もあります。
心理的な原因で、咽頭喉頭などに違和感
を感じて咳や咳ばらいをする状態を
心因性咳といいます。
心因性の咳の場合は、空咳(乾性咳嗽)になります。
眠っている時や何かに集中している時は
咳は止まっているのが特徴です。

三叉神経性反射咳について
咽頭や鼻腔、外耳道にある三叉神経領域
を刺激することで引き起こされる咳のこと。

心配な咳とは?
・2週間以上続く咳
・発熱を伴う咳
・食欲が無くなってしまう咳
・吐いたり又は吐きそうになる咳が続く場合
・胸痛を伴う咳
・息苦しさを伴う咳
・夜眠れない咳
・血痰を伴う咳。
・痰が割と多い咳 など。

かぜ症候群の様に、自然に治癒すること
が多い病気の場合は、大抵は、2~3日
長くても10日前後で自然に咳が出なくなります。
咳が長期間続く場合や、他の症状が続く
場合などは医療機関で診察することが必要です。

続きはこちらです⇒ 咳を静める方法① 内服薬


開設日:2018/12/6






◇参考文献
書籍
「最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)」p690  p540
「はじめてであう小児科の本(福音館書店)」p339~p342
「家庭医学大百科(主婦の友社)」p327

インターネット
日本呼吸器学会HP内
咳嗽に関するガイドライン第 2 版
http://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/photos/1048.pdf
フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)HP内
https://ja.wikipedia.org/wiki/咳嗽