気管カニューレの構造と役割

 

ここでは、単管でカフ付きの一般的な
気管カニューレについてまとめています。


◆気管カニューレの構造(各部の名称)
チューブ本体(カニューレ)
コネクタ、ネックプレート(ネックフランジ、ウィング、フレーム等)
固定孔、カフ、パイロットバルーン(インジケーターカフ等)
インフレーションライン(カフチューブ、インフレーションチューブ等)
一方弁(ルアーバルブ、シールバルブなど)
X線不透過ライン など

上記以外に固定用のテープやホルダー、
ネックバンドなどが必要になります。

メーカーにより各部の名称は異なる場合もあります。


◆気管カニューレの各部の役割
チューブ本体
気管の役割、空気の通り道

コネクタ
人工呼吸器やマスクなどの接続部分
吸引をする時の出入り口

ネックプレート
カニューレ本体を固定する

固定孔
固定用のテープなどを通す孔

カフ
エアーリークや誤嚥などの予防

パイロットバルーン
カフの状態を把握

インフレーションライン 
カフ内に空気を送るための管
パイロットバルーンとカフをつなぐ管

一方弁
カフ内の空気が漏れない様にする為の弁

X線不透過ライン
挿入位置の確認

その他の機能
吸引機能の付いている気管カニューレ
吸引ライン(サクションライン)とカフの
上部に吸引口が付いています。

窓(側孔)がついているカニューレ
発声練習やウィーニング(離脱)の時に役立ちます。

続きはこちらです⇒ 気管カニューレの選択







◇参考文献
書籍
「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」
  p13~p14メディカ出版
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人日本訪問看護財団(編)p68
「気管切開-最新の手技と管理」 改訂第2版

インターーネット
厚生労働省HP内 2.喀痰の吸引 Slide2-47:気管カニューレの種類 p49
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/
dl/text_03.pdf
喀痰の吸引 Slide2-98:みなさんに吸引していただく部位は p67
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/
dl/manual_05.pdf

各製品の添付文書