ヘパリンの特徴と主な検査項目

◆ヘパリンの特徴
アンチトロンビンを活性化して、活性型
凝固因子を直接阻害する働きがあります
血小板の凝集を完全には抑制できない
欠点もあります。   

◆主な検査項目
血液ガス、細胞性免疫機能検査、
染色体検査 など。

*細胞性免疫検査 例
T細胞・B細胞比率、リンパ球幼若化検査
薬剤によるリンパ球刺激試験、
リンパ球サブセット検査、
白血球タイピング検査 など



活性型凝固因子とは?
活性化された凝固因子で、
トロンビン(FIIa)、
活性型第X因子(FXa)、
活性型第IX因子(FIXa)等があります。
*aは活性の意味

検査目的以外の用途
ヘパリンは抗血栓剤として、治療用とし
ても使用されています。又、血管確保時
の静脈ライン内の血液凝固防止にも使用
されています。
ルート内にヘパリンナトリウムを注入し
血液の凝固を防止することを、ヘパリン
ロック(ヘパロック)といいます。

*生食ロックもあります。
最近では、安全性などの面から生食ロック
が選択されるケースも増えている様です。







◇参考文献
書籍
今日の臨床検査(南江堂)p2~p9 p82~p98 p56~p62
エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p106
医学大辞典(医歯薬出版株式会社)
エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179

インターネット
//ja.wikipedia.org/wiki/抗凝固薬
//ja.wikipedia.org/wiki/ヘパリン


最終更新日 2015/9