血液ガス分析

◆血液ガス分析とは?
血液ガス分析とは? 
血液中に含まれている酸素や二酸化炭素
の割合、pHなどを測定することを
血液ガス分析といいます。
略して「血ガス(けつガス)」という
場合が多いです。
通常は動脈血を採取します。

◆動脈血の採取について
通常は医師が実施します。
血液ガスなどを検査する時は、動脈血を
採血するのが一般的です。

末梢血液ガス分析の場合は末梢血(耳朶の
毛細血管から)を採取します。


必要物品 
注射器(抗凝固剤が入っている血液ガス
分析用の注射器)
注射針(注射器にセットされています)
注射針のサイズは21~23G
消毒用アルコール(消毒用エタノール、
70%イソプロパノールなど)
圧迫止血用のガーゼやテープなど。

穿刺する部位 
橈骨動脈(手首の親指側の動脈)、
鼠径動脈(太股の付け根)
上腕動脈(肘の内側)など。

注射針挿入時の角度 
90度
鉛筆を持つようにして穿刺。

採血後の検体の取扱い 
採血後は空気が混入しないように、
よく混和して速やかに検査室に提出します。

穿刺後の処置 
動脈は圧が高いため、強めにしっかり
押さえて止血します。
アルコール綿や丸めた滅菌ガーゼなどで
穿刺部位を少なくとも5分間は圧迫します。
止血を確認します。
止血が確認できた後も、丸めたガーゼと
テープなどで圧迫しておきます。
その後の観察も必要です。







◇参考文献
書籍
最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)
ポケット看護辞典(廣川書店)
写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)
OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店
ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版 小学館
ポケット版カルテ用語辞典 編集大井静雄 照林社発行 小学館発売

インターネット
ウィキペディア
//ja.wikipedia.org/wiki/血液ガス分析


最終更新日 2015/9