皮下注射について

◆目的
皮下組織内に薬液を注入することを
皮下注射といいます。
インシュリンの注射、予防接種、
インターフェロンなど、ゆっくりと収吸
させた方がいい場合に選択されます。   

◆注射針のサイズ
24G 25G 26G 27G
インシュリンの場合は、最近では
31G~33Gを使用するケースが増えています。

◆注射する部位
上腕の外側が多い。
肩峰骨(上腕の突出している骨)と
肘頭を結ぶ線上の下(肘から)1/3
その他には、太もも(大腿)
お臍の周り、おしり(臀部)等です。
インシュリンの注射で自己注射する場合は
臍部(おへそ)の周りが多いようです。

◆注射液の量
0.2~2ml
量は目安です。薬液の種類や年齢等により異なります

◆注射針挿入時の角度
10~30度の角度

皮下組織の状態によっては上記以外の角度
で刺入する場合もあります。
皮下組織が厚くて、つまみ上げることが
出来ない場合は、90度の角度で刺す場合もあります。
その時は、刺入の長さは短くなります。


◆注射針の刺入深度(長さ)
注射針を刺す深さ(長さ)は、刺す角度
によって違ってきます。
注射する部位の皮下組織をつまみあげて
充分な厚みがあることを確認することが
大切になります。
正確に把握するためには、皮脂厚を測定
する必要があります。
大まかで簡単な測定方法としては、つま
んだ時の指と指の間の厚さを測定します
1cm以上あることが必要とされています。
男性は女性よりも皮下組織(殆どが脂肪)
が少ないため、注意が必要です。
又、やせている人や栄養状態の悪い人も
注意が必要です。
上腕に適切な部位がなければ、より皮下
脂肪の多い臀部などに実施します。

刺入の長さの目安としては、
5mm~15mm 又は 注射針の1/4~2/3
角度が小さくなるほど、長く刺す必要があります。
直角に刺す場合は、5mmほど。

文献により数値には幅があります。
経験上、皮下組織をつまみ上げて厚みを
確認し、30度くらいの角度で、10mm前後
針を刺すと、手技の面からもやり易い様な気がします。

穿刺部位や皮下組織の状態などによって
角度は一定ではありません。
角度によって刺入する長さは異なります。
又、実施する人の手技の面からも異なる
場合があります。
針の長さ自体も、サイズやメーカーにより
異なります。


◆注射後のマッサージ
軽く押さえる程度。
皮下注射の場合は、ゆっくりと時間を
かけて体内に吸収するさせるのが、目的
なので、マッサージは殆どしないことが
多いです。
☆マッサージをしてはいけない薬液もある
ため、確認が必要です。

◆注意すること
針を刺した後、神経に触れた場合は、
ビリッとしたしびれ感が走るので確認します。
血管に針が刺さった場合は、注射器の
内筒を引くと血液の逆流が見られます。
上記の徴候がみられたら、速やかに針を
抜きます。
穿刺時、穿刺後は必ず確認してから、
薬液を注入します。
又、注射後時間が経過してから神経麻痺
の症状が出ることもある為、注意が必要です。
薬液の注入はゆっくりと。


皮下脂肪の厚さ
薬液の吸収効率の面から、皮下脂肪の
厚さは、少なくとも5mm以上は必要と
されているようです。

注射針の針の長さ
注射針の針の長さは、16mm, 25mm,
32mm, 38mmなど、針のサイズや
メーカーなどにより様々です。

 







◇参考文献
書籍
「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」
インターメディカ p20~p26
「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社

インターネット
ウィキーペディア
//ja.wikipedia.org/wiki/注射  


最終更新日 2015/9