安静度


医師の指示のもと、患者さんの状態に
合わせた安静の程度。

例としては安静度が高い順に絶対安静
床上安静(ベッド上安静)、室内自由
病棟内自由などがある。
疾病によっては細かな安静度が必要に
なるケースもある。
各医療機関や病棟などで基準が設定さ
れている。

絶対安静の例としては、急性心筋梗塞
や大動脈解離、脳内出血直後、
外傷直後、手術直後など自力で体を
動かすことで、病状が悪化するおそれ
が高い場合にはベッド上での絶対安静
が必要になる。
絶対安静時は全介助が必要になる。


 

 

 

 

 


◇参考文献
書籍
最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)p47