安静


病気や怪我、手術後などに体を休ませること。
安静にすることにより、エネルギーの
消耗を抑え、疾病部位の負担を軽減し
体力や病気を回復させる効果がある。

怪我や骨折などでの安静は、傷口や
骨折部位の修復に効果がある。

絶対安静や床上安静などの安静の程度
を安静度という。

病気の種類や程度に応じて各病院等で
安静度の基準がつくられている。


 

 

 

 

 


◇参考文献
書籍
最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)p47