アニソコリア


anisocoria
瞳孔不同のこと。
病院では略して「アニソコ」と呼ぶ
場合が多い。
瞳孔不同は左右の瞳孔径がはっきりと
異なること。
多少の左右差は正常でも見られる。

正常な反応として光をあてると瞳孔は
縮小(縮瞳)し、暗くなると大きく
開く(散瞳)。

瞳孔不同の原因には、動眼神経の異常
自律神経系の一部の障害、眼疾患等がある。
動眼神経の異常は、脳出血、脳腫瘍、
脳浮腫などで動眼神経が圧迫されると
瞳孔不同の症状が出る。
自律神経系の一部の障害では、
肺腫瘍や頸動脈解離等で交感神経が
障害されるとホルネル症候群を発症する。

*ホルネル症候群は縮瞳,眼瞼下垂,
顔面無汗症の3つの徴候を示す。

*瞳孔は虹彩の中心にある円形の孔で
眼に入る光の量を調節している。

*動眼神経は眼球運動に強く関わって
いる神経で、瞳孔に関しては瞳孔括約
筋を収縮させ、水晶体に入る光の量を
調節している。


 

 

 

 

 


◇参考文献
書籍
ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE小学館 p44 p48 p49
ゼロからわかる救急・急変看護(成美堂出版)p172 p177
最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)p1008