EDTA(エチレンジアミン四酢酸・エデト酸)

◆EDTAの特徴
EDTAはキレート剤で、カルシウムイオ
ンと強く結合して、血小板の凝集を阻害します。


◆主な検査項目
血液一般検査(血算・末血)、
内分泌検査など。


クエン酸ナトリウムとの比較
クエン酸ナトリウムも同じような作用が
ありますが、血球の容積が変化するため
血液一般検査にはEDTAを使用します。

検査で使用されているEDTAの種類
EDTA二カリウム塩(EDTA-2K)、
EDTA-3K、EDTA-2Na等があります。
血液一般検査の場合は、EDTA二カリウ
ム塩(EDTA-2K)が多く用いられています。

EDTA検査の注意点
EDTAでの検査では、たまに血小板が
凝集し低値を示すことがあるようです。
EDTAの影響を確認し、凝集が認められ
た場合は他の抗凝固剤に変えます。

キレート剤とは?
キレート剤は金属イオン封鎖剤のこと。
簡単にいうと、キレート剤(上記では
EDTA)が金属イオン(上記ではカルシ
ウムイオン)に配位結合すること。
キレートという名前の由来は、その構造
の形が、蟹のはさみで金属イオンを掴ん
でいるように見えるため。
ギリシャ語で「蟹のはさみ」を chele






◇参考文献
書籍
今日の臨床検査(南江堂)p2~p9 p82~p98
エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p106
医学大辞典(医歯薬出版株式会社)
エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179
広辞苑電子辞書 キレート

インターネット
ウィキペディア
ja.wikipedia.org/抗凝固薬
ja.wikipedia.org/エチレンジアミン四酢酸
ja.wikipedia.org/キレート


最終更新日:2015/9