クエン酸ナトリウム

◆クエン酸ナトリウムの特徴
チトラートとも呼ばれています。
カルシウムイオンと結合して凝固を抑制
する働きがあります。


◆主な検査項目
赤血球沈降度速度(血沈、赤沈、ESR、BSG)
3.8%のクエン酸ナトリウム溶液を使用
混合比を正確に4:1とします。
血液 に対し クエン酸
注射器で採血する場合は、通常は
2ml目盛の注射器に、クエン酸トリウム
溶液を 0.4ml 正確に採ります。
その後、血液 1.6mlを正確に採って、
全量を 2ml にします。
混和する時は、空気を少し入れて気泡を
つくり、数回、上下転倒させてよく混和します。
その後、血沈棒(赤沈管)に注入します
真空採血管を利用する場合は、予め薬剤
が入っています。
容器内は減圧になっている為、必要量に
達したら自然に注入が止まります。
十分に転倒混和します。

凝固系検査
3.8% 又は 3.2%、3.13% のクエン酸
ナトリウム溶液を使用。
混合比を正確に9:1とします。
血液9 に対し クエン酸 1
真空採血管を利用する場合は、予め薬剤
が入っています。 

*推奨されている濃度は、3.2%
*メーカーにより濃度、採血量は異なります。


凝固系検査項目 例
APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)
PT(プロトロンビン時間)
フィブリノーゲン、
ATⅢ(アンチトロンビンⅢ)
プラスミノーゲン など。
*凝固系検査には上記以外にも多くの項目があります。

凝固系検査に使用されるその他の抗凝固剤
凝固系検査に使用される抗凝固剤には
クエン酸ナトリウム溶液以外にも、
FDP検査の時に使用される抗プラスミン
剤などもあります。

FDPとは?
フィブリン/フィブリノーゲン分解産物の略
線溶亢進状態を把握する時に実施される検査です。
FDPが検出された場合は、生体内で線溶
現象が起こっているか、又は起こってい
たことを意味します。
DIC(播種性血管内凝固症候群)や
血栓症などの指標になります。







◇参考文献
書籍
今日の臨床検査(南江堂)p177
エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p106 p107
医学大辞典(医歯薬出版株式会社)p1229

インターネット
ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/クエン酸ナトリウム
https://ja.wikipedia.org/wiki/赤血球沈降速度


最終更新日 2019/1