介護インフォメーション

ナースのホームページ  ナースのホームページ
  更新日2013/04/08  
ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ
 救急看護   ●少しずつ追加しています。 又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、修正、追記しております。

 注射と穿刺 気管切開について



 気管切開とは 
気管切開とは?



    呼吸を助けるために、気管に穴をあけることです。



  気管切開の目的


 
   ・緊急時(気道狭窄、気道閉塞、呼吸困難、呼吸停止など)

   ・脳梗塞

   ・呼吸筋の麻痺

   ・自力で痰の排出が困難   など



 気管切開の目的 気管切開の部位は?



   気管の上部、中部、下部 のいずれかの部分。

     *気管切開する部位は、第2〜4気管軟骨
   
      緊急時には甲状軟骨と輪状軟骨の間を穿刺又は切開(喉頭切開)

      する場合もあります。



   ☆疾患や目的、緊急時の場合や手技的なことなどで、

    部位が違ってきます。



 気管切開の部位は? 
気管カニューレとは?


 
  ・カニューレとは、体内に空気や液体などを送り込むために挿入する

   管のことです。


  ・気管に挿入する管を「気管カニューレ」と呼びます。


   外から気管に穴をあけて(気管切開)、カニューレを挿入します。

   気管カニューレから呼吸をしたり、痰や分泌物などを吸引する

   ことになります。



 気管カニューレとは? 気管カニューレの種類



  単管 

    管が一つだけ


  複管 

    内管と外管の2本(交換の時などは、内管だけを交換)


  カフ付き 

    管の先の外側にカフが付いています。

    カフに空気を注入して固定します。

    エアリークを防ぎ、換気をスムーズにする役割があります。

    膨らんだカフの上部に溜まった分泌物などが、

    下気道に流れ込むのを防ぐ役割もありますが、完全に防ぐことはできません。

    カニューレの位置のずれを防止したり、抜管や気管壁の損傷防止の役割もあります。

    空気が鼻や口の方にぬけないため(声帯を通らない)、

    声を出すことが出来ません。


  カフなし

  スピーチカニューレ

     カフなしで、カニューレに側孔(空気孔)があり、空気が声帯を通ることが

     出来るため、声を出すことが可能です。

     カフがついていないため、誤嚥した物は気管内に流れ込む

     ことになりますが、嚥下運動などの負担は軽いです。


  
レティナカニューレ

     カフなしでスピーチカニューレよりも短いため、気管壁への刺激が少ない。

     穴をボタンなどで閉鎖することで、声を出すことが可能です。

     長期間、切開部位を開口し保持しておく時に適しています。

     痰の少ない方や自力で痰を出せる方に便利です。


     ※気管カニューレの材質には、シリコン製と金属製のカニューレがあります。

      金属製の気管カニューレは長期間使用する時に使用されるケースが多いです。




 注意することは?注意することは?




 
○感染を起こしやすい。

    普通空気は、鼻や口、喉を通って、気管、左右の気管支、細気管支、

    肺胞へと流れて行きます。

    気管切開の部分は、気管の上、中、下のいずれかになります。

    鼻や口、喉などを通らず、直接気管内に空気が入りますので、

    肺に汚れた空気や冷たい空気などが入りやすくなります。

    又、気管切開部の傷が治癒するまでは、傷口からも感染する危険性が高まります。



 
○出血し易い。

    
切開部位の傷が治癒するまでは、カニューレによる刺激で出血しやすくなります。



 
○皮下気腫を起こしやすい。

    皮下の組織内に空気が貯まることがります。

     *軽い場合は自然に吸収されることが多い。



 
○気管カニューレの管理などの負担がかかる。

   患者さん側にとっては、容易に呼吸が出来たり、痰も容易に吸引出来るので

   負担が軽くなる方もいらっしゃいますが、カニューレの管理や感染防止の為に

   介護する方への負担が大きくなることもあります。

    *気管カニューレを挿入することにより、痰の吸引が容易になったり、

      窒息の危険が軽減するので負担が小さくなるケースもあります。


   ★気管切開の目的や疾患によって、ケースバイケースです。

    共通していることは、気管内チューブの挿入より負担は軽くなります。



 
○気管に穴があいている状態なので、発声ができない。

   
*気管カニューレの種類によっては発声が出来るものもあります。


 
 ※家庭で気管カニューレを装着した患者さんを介護するには、

    それなりの知識と技術が必要です。

    担当の看護師や保健師さんなどに

    十分に指導を受けて実施することになります。



    続きはこちらです→ 気管切開の看護



  

  



 豆知識 
豆知識


 
 ミニトラック
 ミニトラック とは?

   経皮的気管切開 輪状甲状間膜穿刺 気管(喉)に5mm程の穴を開けて、

   10cm程のチューブを気管内に入れる方法。

   この場合は、通常の気管カニューレとは違い、カフが付いていない。

   適応は、緊急時に応急処置として実施される場合が多く、通常の気管切開では

   間に合わない場合や、気管内挿管が困難な場合などに実施。

   又、 痰が多くて自力で痰を出せない方などにも実施されるようです。

   飲食は可能






 少しずつ追加しています。

 又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、修正、追記しております。






本文へジャンプ






 ■参考文献

 〈書籍〉
  エキスパートナース続まんがで見る手術と処置(小学館)
  医学大辞典(医歯薬出版株式会社)
  エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)
  フィジカルアセスメント ナースに必要な診断の知識と技術第4版(医学書院)
 
 〈インターネット 〉
  ウィキペディア



 開設日: 2009/10/13
  更新・リニューアル: 2013/04/08

アクセスが多いページ



 注射と点滴に関する用語集 注射と点滴に関する用語集

 採血に関する用語集 採血に関する用語集

 看護用語・詳細概要 看護用語・詳細概要

 注射と穿刺について 注射と穿刺について

 気道内吸引 気道内吸引

 胃洗浄 胃洗浄

 内科外来看護 内科外来について

 意識レベル 意識レベル

 気管切開 気管切開

 気管内挿管 気管内挿管

 血液検査 血液検査

 体温 体温

 洗浄・消毒・滅菌 洗浄・消毒・滅菌

 看護関連最新情報 看護関連最新情報














姉妹サイト



 介護インフォメーション 介護インフォメーション

     主に高齢者介護に役立つ情報を掲載しております。

     介護保険制度に関することや、役立つ介護の知識と技術など、

     高齢者にとって必要不可欠な介護方法などをまとめています。


    介護インフォメーション主なコンテンツ 主なコンテンツ

     高齢者介護 高齢者介護

     呼吸器ケア 呼吸器ケア

     栄養の管理 栄養の管理

     介護保険制度 介護保険制度      など



 へるすナビ へるすナビ

     主に、季節にあった健康・医療情報を掲載しております。

     健康の保持増進に関する予防的な情報や、栄養・食事に

     関すること、最新医療情報なども掲載しております。


    へるすナビ主なコンテンツ 主なコンテンツ

     インフルエンザと風邪 インフルエンザと風邪

     食中毒 食中毒

     海外で注意すべき感染症 海外で注意すべき感染症

     渡航者のための主なワクチン 渡航者のための主なワクチン

     国内の定期予防接種 国内の定期予防接種

     お手軽健康料理 お手軽健康料理

     花粉症 花粉症

     熱中症 熱中症        など








ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ








 へ る す ナ ビ 


Copy Right(C) 「ナースのホームページ 」 2009-2011 All Right Reserved