介護インフォメーション

   ナースのホームページ  ナースのホームページ
  更新日2013/05/07 
ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ
 臨床検査:検体検査   ●少しずつ追加しています。 又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、修正、追記しております。

 血液検査について 血液検査について 各項目概要


  血液検査とは?  ★モバイル用のページは こちら です



  臨床検査の一つ。
 
  臨床検査には大きく分けて、

  検体検査と、生理検査 があります。

  血液検査は、検体検査の一つ です。




  血液検査に用いられる検体



  血清、血漿、全血


   血清とは? 

    血球とフィブリノーゲンや凝固因子を除いた上澄み液


   血漿とは? 

    血球を除いた、上澄み液(フィブリノーゲンや凝固因子が含まれている)


   全血とは?

    全ての成分が含まれている血液 



   詳細はこちらです→ 血液検査に用いられる検体




  分離剤や抗凝固剤などの種類による区別



 分離剤入り(血清を利用する検査) : 生化学、免疫、内分泌、薬物検査など

   ※検査項目によっては、分離剤が入ってないものがあります。


  EDTA入り : 血算、血液像、血液型、クームス試験など

  クエン酸ナトリウム入り : 血沈(赤沈)、凝固検査など

  ヘパリン : 血液ガス検査


   詳細はこちらです→ 分離剤・抗凝固剤・凝固促進剤について




  容器(採血管)について



  検査の容器は検査項目により異なります。

  又、各医療機関(取り扱っている検査機器や検査方法)でも異なります。

 
  ※容器(採血管)の、キャップの色は検査項目ごとに違います。

   又、取り扱う検査機器や検査方法によっても色は異なります。


  採血容器は大きく分けて、抗凝固剤が入っている容器(血漿や全血)と、

  抗凝固剤が入ってない容器(血清)があります。


  血清を使用する検査でも、検査項目により、容器が違います。

  血清分離剤入りの容器(血清を使用する検査項目では殆どがこの容器)

  血清分離剤を使用しない容器(例:血液型、クロスマッチなど)

  抗プラスミン剤入りの容器(例:FDP など)

  抗凝固剤入りの容器(例:血液型、クロスマッチなど)


  ※各医療機関には、検査項目や採血量、容器などを記載してある

    説明書などがおいてあると思いますので、検査技師さんなどに確認してください。





  採血量にいて


 
  採血量は、検査項目により異なります。

  又、各医療機関(取り扱っている検査機器や検査方法)で異なります。


  検査に必要な検体の量と、採血量は違います。

  検査に必要な血液の検体には、血清や血しょう、全血などがあります。

  ☆目安としては、必要量の 2〜3倍 が、採血量になります。






 

主 な 血 液 検 査


   ※採血管のキャップの色や採血量は各医療機関で異なる場合もあります。
    各医療機関には、検査項目や採血量、容器などを記載してある説明書などが
    おいてあると思いますので、現場で仕事をする場合は、検査技師さんなどに確認してください。


    ここでは一つの例として記載してあります。




  
血液一般検査(末梢血一般・血算)

 
 
  採血量 : 2ml

   必要検体 : 全血

   容器内  : 抗凝固剤のEDTAが入っている容器

   キャップの色 : 紫

   主な検査項目 : 赤血球(RBC)、白血球(WBC)、血小板(PLT)、

               ヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、血液像 など




  生化学検査


 
   採血量 : 3ml〜5ml

   必要検体 : 血清

   容器内 : 血清分離剤

   キャップの色 : 茶色

   主な検査項目: AST=GOT、ALT=GPT、CHE、ALP、γ-GTP、LDH、総蛋白、総ビリルビン

           尿素窒素、クレアチニン、尿酸、ナトリウム、カリウム、クロール、など


  ※検査されることが多い主な項目

   ・肝機能検査

     主な検査項目 : AST=GOT、ALT=GPT、CHE、ALP、γ-GTP、LDH

                 総蛋白、総ビリルビン など


   ・腎機能検査

     主な検査項目 : 尿素窒素、クレアチニン、尿酸 など

 
   ・電解質検査

     Na(ナトリウム) K(カリウム)) Cl(クロール・塩素) など


   ★採血後は室温に置く。血清分離後は、4〜10℃下で保存


   ※生化学検査の項目によっては、血漿分離用の容器を用いる場合もあります。

     血清を使用する検査でも、検査項目により、容器が違います。

     血清分離剤入りの容器(血清を使用する検査項目では殆どがこの容器)

     血清分離剤を使用しない容器(例:血液型、クロスマッチなど)

     抗プラスミン剤入りの容器(例:FDP など)

     抗凝固剤入りの容器(例:血液型、クロスマッチなど)




  血糖、HbA1C



   採血量 : 2ml

   必要検体 : 全血

   容器内 : フッ化ナトリウム(NaF)

   キャップの色 : グレー


  ☆HbA1C

   採血量 : 2ml

   必要検体 : 全血

 
   容器内 : EDTA 又は NaF

   キャップの色: グレー 又は  紫


  ★固まらない様に良く混和した後、4〜10℃以下で保存。
     
  ☆フッ化ナトリウムは糖の分解を阻止する作用があります。

   血漿や血清が分離するまでの間に、糖の分解を止めておかないと

   血糖が消費され低下するため。




  腫瘍マーカー



   採血量 : 必要量の2〜3倍

   必要検体 : 血清

   容器内 : 血清分離剤入り

   キャップの色 : 茶色

   主な検査項目 : CEA(癌胎児性抗原)、TPA、SCC抗原、CA15-3、AFP、

               CA19-9、CA125、PAP、




  血中アンモニア(NH3)


 
   採血量 : 2ml

   必要検体 : 血漿0.5ml

   容器内 : EDTA-2K入り

   キャップの色 : 緑 や 紫

   検査目的 : 高度な肝臓機能低下(劇症肝炎や肝硬変、肝性昏睡など)
   

   注意点 : 採血後はすぐに冷やして、検査室へ




  血液凝固(PTプロトロンビン)


 
   採血量 : 1.8ml

   必要検体 : 血漿

   容器内 : クエン酸ナトリウム入り(血漿を分離)

   キャップの色 : 黒




  
甲状腺機能検査  



   採血量 : 必要量の2-3倍

   必要検体 : 血清

   容器内 : 血清分離剤入り

   キャップの色 :

   検査目的 :
   
   結果の日数 :

   注意点 : 




  下垂体機能検査  



   採血量:

   必要検体 : 血清

   容器内 :

   キャップの色 :

   検査目的 :
   
   結果の日数 :

   注意点 : 




  
薬物濃度



   採血量 :

   必要検体 : 血清

   容器内 :

   キャップの色 :

   検査目的 :
   
   結果の日数 :

   注意点 : 




  
炎症反応検査?



   採血量 :

   必要検体 : 血清

   容器内 :

   キャップの色 :

   検査目的 :
   
   結果の日数 :

   注意点: 


 
*血沈(赤沈・赤血球沈降速度・ESR): 1.6ml 2ml

   採血量 :

   必要検体 : 全血

   容器内:3.8%クエン酸ナトリウム

   キャップの色 :

   検査目的 :
   
   結果の日数 :

   注意点 : 




 
 特殊な検査



  FDP(フィブリン分解産物)

   採血量 :

   必要検体 : 血清

   容器内 : 抗プラスミン剤

   キャップの色 :

   検査目的 :
   
   結果の日数 :

   注意点 : 




  
感染症検査



   採血量:

   必要検体:血清

   容器内:

   キャップの色:

   検査目的:
   
   結果の日数:

   注意点: 


   肝炎ウィルス、風疹、はしか、




  
血液型


 
   採血量:5ml

   容器内:EDTA−2K

   キャップの色:紫

   主な検査項目:




  
クロスマッチ



   採血量:6ml

   容器内:なし

   キャップの色:

   主な検査項目:




  
血液培養



   採血量: 

   必要検体:

   容器内:

   キャップの色:

   検査目的:
   
   結果の日数:

   注意点: 血液は静脈血でも動脈血からでも採血していい。

        *昔は動脈血が好ましいとされていました。




  
血液ガス



   採血量:

   必要検体:血清

   容器内:

   キャップの色:

   検査目的:
   
   結果の日数:

   注意点: 



   

本文へジャンプ





  


  





 





 ◇参考文献

 〈書籍〉
  今日の臨床検査(南江堂)
  エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p17〜p22
  医学大辞典(医歯薬出版株式会社)
  エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174〜p179

 〈インターネット 〉
  ウィキペディア




 開設日: 2009/10/01
 更新・リニューアル: 2013/05/07

 



アクセスが多いページ


 注射と点滴に関する用語集 注射と点滴に関する用語集

 採血に関する用語集 採血に関する用語集

 看護用語・詳細概要 看護用語・詳細概要

 注射と穿刺について 注射と穿刺について

 気道内吸引 気道内吸引

 胃洗浄 胃洗浄

 内科外来看護 内科外来について

 意識レベル 意識レベル

 気管切開 気管切開

 気管内挿管 気管内挿管

 血液検査 血液検査

 体温 体温

 洗浄・消毒・滅菌 洗浄・消毒・滅菌

 看護関連最新情報 看護関連最新情報




  


  


  





  バイタルサイン バイタルサイン


  救急看護 救急看護


  内科外来看護 内科外来看護


  呼吸器管理 呼吸器管理


  栄養の管理 栄養の管理


  臨床検査 臨床検査


  医療機器 医療機器


  看護用語集 看護用語集


  看護最新情報 看護最新情報


  看護ニュース 看護ニュース


  C型肝炎 C型肝炎


  看護関連書籍 看護関連書籍


  看護e-book(PDF) 看護e-book(PDF)


  サイトの説明  サイトの説明



姉妹サイト



 介護インフォメーション 介護インフォメーション

   主に高齢者介護に役立つ情報を掲載しております。

   介護保険制度に関することや、役立つ介護の知識と技術など、

   高齢者にとって必要不可欠な介護方法などをまとめています。


    介護インフォメーション主なコンテンツ 主なコンテンツ

     高齢者介護 高齢者介護

     呼吸器ケア 呼吸器ケア

     栄養の管理 栄養の管理

     介護保険制度 介護保険制度      など



 へるすナビ へるすナビ

   主に、季節にあった健康・医療情報を掲載しております。

   健康の保持増進に関する予防的な情報や、栄養・食事に

   関すること、最新医療情報なども掲載しております。


    へるすナビ主なコンテンツ 主なコンテンツ

     インフルエンザと風邪 インフルエンザと風邪

     食中毒 食中毒

     海外で注意すべき感染症 海外で注意すべき感染症

     渡航者のための主なワクチン 渡航者のための主なワクチン

     国内の定期予防接種 国内の定期予防接種

     お手軽健康料理 お手軽健康料理

     花粉症 花粉症

     熱中症 熱中症        など



 へるすナビ ナースのホームぺジNew!

   マルチスクリーンにリニューアルしました。

   スマホ、タブレット、パソコンなど様々なデバイスに合った

   形式でご覧頂けると思います。







  




ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ






ナースのホームページトップに戻る





 へ る す ナ ビ 


Copy Right(C) 「ナースのホームページ 」 2009 - All Right Reserved