ナースのページ
本文へジャンプ

更新日2009/10/07  
ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ
 ◎少しずつ追加しています。又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、書き直し、修正、追記しております。
 
  意識レベルについて


  
意識レベルの判断基準



  意識レベルの判断基準もいくつかあります。

 日本で最も利用されている意識レベルの判断基準は

 3−3−9度方式 JCS(Japan Coma Scale)は、日本で考えられた方式で、

 数字が大きいほど、意識障害が重い

  
  意識清明 は 「0」 で、全体の意識レベルを10段階で評価。 


 T桁(刺激なしで覚醒)

  1   意識は清明だが、はっきりしない。ぼんやりしている。

  2   見当識障害がある。日時や場所などが分からない。

  3   名前、生年月日が言えない。



 
U桁(刺激すると覚醒)

 10  普通の呼びかけで、容易に開眼する。

 20  大声、又は体をゆさぶる刺激で、開眼する。

 30  痛み刺激の継続と呼びかけに対して、かろうじて開眼する。



 V桁(刺激しても覚醒しない)

 100 痛み刺激に対して、払いのける動作をする。

 200 痛み刺激に対して、手を少し動かしたり、顔をしかめる。

 300 痛み刺激に対して反応しない。 

 

 上記に加えて、尿失禁(I)、不穏状態(R)、言動無言状態(A)などがあれば


  100−A  200−IR などと表記する。




  評価方法



  意識レベル T桁 1,2,3   上行性網様体賦活系には障害はない。


  意識レベル U桁 10,20,30  間脳にまで障害


  意識レベル V桁 100,200,300  中脳から延髄にわたり障害




  脳の解剖生理



     大 脳 皮 質

      ↓

     間 脳(視床・視床下部)

      ↓

     中 脳

      ↓

      

      ↓

     延 髄
    

  
   意識を晴明に保っている部分は?

   脳幹網様体賦活系と視床下部調節系

   脳幹網様体は感覚神経路からの刺激で、賦活化される。

   
    感覚神経 → 求心性神経、知覚神経とも呼ばれる。

    末梢からの痛みによる刺激 → 脊髄 → 脳 


   上行性網様体賦活系 → 脳幹網様体から大脳皮質の神経細胞へ刺激を伝える経路

   脳幹部 → 中脳 橋 延髄(呼吸中枢、血圧の中枢、嚥下中枢)がある。

     中脳 : 動眼神経(第3脳神経)、滑車神経(第4脳神経)

      : 三叉神経(第5脳神経) 外転神経(第6脳神経) 

          顔面神経(第7脳神経)  前庭神経と蝸牛神経(第8脳神経)

     延髄 : 呼吸中枢、血圧の中枢、嚥下中枢 がある。

          舌咽神経(第9脳神経) 迷走神経(第10脳神経) 

          副神経(第11脳神経) 舌下神経(第12脳神経)



  間脳(視床下部・視床)

    主な働きは、体温調節、食欲の調節、

    下垂体ホルモンの調節、自律神経の調節、睡眠の調節 など 
 
 
  大脳半球皮質

    言葉を話す、聞く、見る、創造する、考える などの 

    人間としての高度な精神活動に関する働き 
 



  
その他の判断基準


 
 GCS(Glasgow Coma Scale) 

   開眼、言語反応、運動反応 3つについて、判断

   国際的に用いられる評価方法。



 E2CS(Edinburgh2 Coma Scale)  

   GCSの繁雑さをなくし、判断に要する時間が短い



 Mayo Clinic の分類

   傾眠: 刺激を与えると覚醒するが、刺激がなくなると眠ってしまう。

   昏迷: 刺激に対して、手足をひっこめたり、払いのけようとする。

   半昏睡: 疼痛刺激に対して、逃避反射 自発運動は殆どない。

   昏睡: 自発運動は全くない。




  反射について



  中脳反射 → 立ち直り反射 対光反射

  延髄反射 → 嚥下反射 咽頭反射 咳反射

  脊髄反射 
  
    腱反射 →  膝蓋腱反射 アキレス腱反射(下腿三頭筋反射)

    瞬目反射 → 角膜反射(中枢は橋) 睫毛反射(眼瞼反射)(中枢は橋)

    表在反射 → 角膜反射  咽頭反射 足底反射(バビンスキー反射)
  
  脳幹反射 → 対光反射 睫毛反射(眼瞼反射) 角膜反射 咽頭反射 

            咳反射 毛様脊髄反射 眼球頭反射



  眼症状の観察



 
 散瞳

  縮小

  ピンポイント?

  左右不同 アニソコリア

  対光反射 

  正常な瞳孔

  


  意識レベルのチェック方法










  脳死判定基準










  植物状態とは?




  




 少しずつ追加しています。

 又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、書き直し、修正、追記

 しております。




 





   看 護 書 籍


  ナースに必要な診断の知識と技術 フィジカルアセスメント

  
古い看護から新しい臨床看護へ 刷新してほしいナースのバイタルサイン技法

  体温はなぜ37゜Cなのか  体温のバイオロジー

  救急領域における体温管理 図解ー体温管理入門

    その他の看護書籍



  看護に関する電子書籍


 ※11/19完成
 「 注射と点滴に関する用語集・無料版 」


  残りは作成中です。完成予定は未定です。

電子書籍(無料版PDF)⇒ こちら 電子書籍(有料版PDF) ⇒  こちら
 採血に関する用語集 採血について(用語集付き)  
 注射と点滴に関する用語集  注射と点滴について(用語集付き)
看護師がおかし易いミスとその対処方法
注射によるインシデント 
 看護師がおかし易いミスとその対処方法
注射によるインシデント





              
◇参考文献

 〈書籍〉
  医学大辞典(医歯薬出版株式会社)
  エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)
  フィジカルアセスメント ナースに必要な診断の知識と技術第4版(医学書院)
 
 〈インターネット 〉
  ウィキペディア


  
 開設日: 2009/10/07

 

 
体温

脈拍

血圧

呼吸

意識レベル




気管内挿管

気管切開

静脈切開

胃洗浄

気胸




気道内の吸引

酸素吸入

気管内挿管

気管切開

人工呼吸器




心疾患

脈拍

心電図






内科外来について

洗浄・消毒・滅菌

注射と穿刺について

血液検査について

尿検査について

生理検査について

   ●生理検査とは?

   ●心電図について

   ●超音波検査について


画像診断検査

   ●画像診断検査とは?

   ●レントゲン検査

   ●MRI

   ●シンチグラフィ




褥瘡(床ずれ)の処置

尿留置カテーテル挿入

バルン交換

導尿

ST(胃管)の挿入

酸素吸入

痰の吸引

IVH(中心静脈栄養)

ドレナージ




発熱時の看護

嘔気・嘔吐

吐血

下血

呼吸困難




心筋梗塞

脳梗塞

肝硬変

糖尿病




血管確保

中心静脈

水分のバランスシート




経管栄養法について

経鼻栄養法

胃瘻(いろう)

中心静脈栄養法

末梢静脈栄養法




尿留置カテーテル






 看護専門用語集

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

注射と点滴に関する用語集




C型肝炎について




診療科目

内科に関する単語

外科に関する単語

小児科



病名









外来

入院時




看護とは?

看護師について

自然の法則

病気とは?

病人の看護について




 


ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ








Copy Right(C) 「ナースのホームページ 」 2009- All Right Reserved