ナースのページ
更新日2009/10/01  
ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ
看護の実践(栄養の管理) ◎少しずつ追加しています。又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、書き直し、修正、追記しております。
 
  
胃 瘻 ( い ろ う ) に つ い て
                                          
       

  胃瘻とは?




管(チューブやカテーテルなど)を介して栄養や水分などを補給する方法を

経管栄養法といいます。 

主に経口摂取が困難な方などに、直接胃内に流動食や水分などを

送り込む方法です。
                      
胃瘻とは、栄養剤を胃の中に入れるための、

穴のトンネル(瘻孔・ろうこう)のことです。

腹壁と胃に穴を開けて胃瘻を造設します。




  
どんな人に胃瘻を造設するの?




口から体内に必要な栄養を摂れない方に対して、

実施される栄養補給の一つです。  

経口摂取が困難でかつ、胃腸が正常に働いている場合に実施されます。


   ※目安として、経管栄養が3カ月以内の短期の場合は、経鼻栄養法

     3カ月を超える場合は、胃瘻栄養法を選択するといわれています。    

     病院によっては、1ヶ月を超える場合にも、実施されるケースもあるようです。




  
胃瘻が適さないケース




・胃疾患、胃の手術などの上部消化管の手術の既往のある方

・腹水、極度の肥満、肝肥大、横隔膜ヘルニア、門脈圧亢進

 腹膜炎、腹膜透析、妊娠、出血傾向 など

・PEGの場合は、咽頭や食道などに疾患があって、 胃内視鏡が挿入出来ないような場合




  
胃瘻チューブを通して注入される種類は?




胃瘻だけではなく、経腸栄養法(経鼻栄養法、空腸瘻栄養法など)で

注入される栄養剤を経腸栄養剤といいます。

経腸栄養剤の種類には、自然食品流動食、半消化態栄養剤、消化態栄養剤

成分栄養剤、特殊な組成の栄養剤 などがあります。

          詳細は ⇒ 「経腸栄養剤について」




  
胃ろうを造設する方法は?




胃瘻を造設する方法には、大きく分けて、

「経皮内視鏡的胃瘻造設術」「開腹胃瘻造設術」「腹腔鏡的胃瘻造設術」

「透視下胃瘻造設術」「超音波下胃瘻造設術」 などがあります。

もっとも多く実施されているのが、  PEG 「経 皮 内 視 鏡 的 胃 瘻 造 設 術 」です。




  
PEG(ペグ)とは?




「経皮内視鏡的胃瘻造設術」といいます。

   P =  Percutaneous → 経皮(けいひ)の  「皮膚を通しての」意味

   E =  Endoscopic → 内視鏡的

   G = Gastrostomy → 胃瘻 造設術  


 PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)の方法には、  

  PULL法   PUSH法  イントロデューサー法  などがあります。

  比較的多く実施されているのが、PULL法。


       詳細は → 「PEG・PULL法」



   
胃瘻が他の栄養法(経鼻栄養法や中心静脈栄養など)より良い点


 

   ・事故抜去の危険性が少ない。

      他の栄養法では経鼻カテーテル又は点滴チューブが体外に出ている

      長さが長いため、邪魔になりやすく、無意識のうちに

      抜去したり、固定がしっかりしていないと自然に抜ける可能性が

      高くなります。
  


   ・管理が簡単

      慣れるまでは大変かもしれませんが、管の交換方法は

      他の栄養法に比べて簡単です。又、交換までの期間が

      長いため患者さんの負担が減ります。
      


   ・外見が気にならない。

      腹部に造設されるので、衣類などで隠すことが出来るため気になりません。



   ・苦痛が少ない。

      管の交換回数や栄養剤などの注入時間が短いため

      患者さんの負担がそれだけ少なくなります。



   ・感染や汚染の危険性が低い。

      胃瘻を造設したはじめは、傷口からの感染の危険がありますが、

      胃瘻が完成した後は、他の方法と比較するとより低くなります。

      
    などがあります。









  
 胃瘻(PEG)術後の合併症




    現在作成中です。



   胃瘻(PEG)の看護




  
  現在作成中です。







  



   
少しずつ追加しています。

   又、見直しもしておりますので、気がついた時点で、修正、追記しております。



   


 





   看 護 書 籍

  

  ナースに必要な診断の知識と技術 フィジカルアセスメント

  
古い看護から新しい臨床看護へ 刷新してほしいナースのバイタルサイン技法

  体温はなぜ37゜Cなのか  体温のバイオロジー

  救急領域における体温管理 図解ー体温管理入門

    その他の看護書籍
 

 



  看護に関する電子書籍


 ※11/19完成
 「 注射と点滴に関する用語集・無料版 」


  残りは作成中です。完成予定は未定です。


電子書籍(無料版PDF)⇒ こちら 電子書籍(有料版PDF) ⇒  こちら
 採血に関する用語集 採血について(用語集付き)  
 注射と点滴に関する用語集  注射と点滴について(用語集付き)
看護師がおかし易いミスとその対処方法
注射によるインシデント 
 看護師がおかし易いミスとその対処方法
注射によるインシデント







 

 開設日: 2009/10/01



































 

 

体温

脈拍

血圧

呼吸

意識レベル




気管内挿管

気管切開

静脈切開

胃洗浄

気胸




気道内の吸引

酸素吸入

気管内挿管

気管切開

人工呼吸器




心疾患

脈拍

心電図






内科外来について

洗浄・消毒・滅菌

注射と穿刺について

血液検査について

尿検査について

生理検査について

   ●生理検査とは?

   ●心電図について

   ●超音波検査について


画像診断検査

   ●画像診断検査とは?

   ●レントゲン検査

   ●MRI

   ●シンチグラフィ




褥瘡(床ずれ)の処置

尿留置カテーテル挿入

バルン交換

導尿

ST(胃管)の挿入

酸素吸入

痰の吸引

IVH(中心静脈栄養)

ドレナージ




発熱時の看護

嘔気・嘔吐

吐血

下血

呼吸困難




心筋梗塞

脳梗塞

肝硬変

糖尿病




血管確保

中心静脈

水分のバランスシート




経管栄養法について

経鼻栄養法

胃瘻(いろう)

中心静脈栄養法

末梢静脈栄養法




尿留置カテーテル






 看護専門用語集

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

注射と点滴に関する用語集




C型肝炎について




診療科目

内科に関する単語

外科に関する単語

小児科



病名









外来

入院時




看護とは?

看護師について

自然の法則

病気とは?

病人の看護について




 

ホーム サイトの説明 看護e-book 看護書籍 サイトマップ 免責事項 お問合せ






Copy Right(C) 「ナースのホームページ 」 2009- All Right Reserved