ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: 気管内チューブ
company


 カフの形状及び容量


 ○形 状
  カフの形にも色々あります。
  テーパー型(円錐状に先が細く
  なっている)、
  円筒型(米俵のような形)、
  円型(球形)、
  卵型(楕円形・紡錘形) 
  などがあります。

 ○容 量
  種類により容量もまちまちです。
  容量が大きく圧が低いカフが
  多く使用されています。
  高容量(大容量)低圧カフ、
  ハイ・ローカフ、HVLPカフ
  などと呼ばれています。

  中容量で低圧型のカフもあり
  ます。長時間の手術が予想さ
  れる場合に使用されるケース
  もあるようです。

  低圧カフ以外のカフもあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆ メ モ ◇
  低圧カフとは?
  エアリークをおこさない
  最低限の圧。

  カフ圧と容量
  エアリークを防ぐためには、
  カフで気管と気管チューブ
  の隙間を塞ぐ必要があります。
  カフに空気を入れて膨らませ
  ることでリークを防いでいます
  この時にカフ内圧が高いと
  気管壁を圧迫する力も大きく
  なるため、損傷するリスクが
  高くなります。反対に低すぎ
  るとエアリークのリスクが高
  くなります。
  エアリークをしない最低限の
  圧を維持する必要があります。
  容量が大きく低圧だと接触する
  面積が広くなり、気道の形に
  より適合した状態でリークを
  塞ぐことが出来ます。
  気道粘膜への負担もより小さく
  なるため、高容量(大容量)
  低圧カフが多く利用されています
  特に長時間挿管が必要な場合
  は適しています。

  VAP
  人工呼吸器関連肺炎、
  気管チューブ関連肺炎の予防

  エアリークを防ぐことが出来、
  気道粘膜への負担が小さくなっ
  ても、カフ上部に貯留した分泌
  物などの流入(不顕性誤嚥)を
  完全に防ぐことは出来ません。
  容量が大きく低圧のカフの場合
  はカフにシワが出来やすくなり
  ます。その為シワを伝って
  下気道へ流れる(不顕性誤嚥)
  リスクは常にあります。
  不顕性誤嚥を少しでも軽減する
  ために、カフ上部吸引付きの
  チューブが使用されています。
  又、カフのシワを低減させる
  工夫が施されたカフもあります
  カフの形状や材質、薄さなどに
  よって、誤嚥を軽減させる可能
  性はあるようです。

  細菌をより少なくする為に、
  カフ上部に抗菌加工が施された
  ものもあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 続きはこちらです↓
  気管内チューブの選択

 

 


 パソコン向け カフの形状及び容量



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.