ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: 気管内チューブ
company


 気管内チューブの役割


※ここでは、主に成人用の従来型
 の標準的なチューブについて記載
 しています。



○チューブ本体
 チューブ本体は気道の役割を
 しています。


○カ フ
 カフを膨らませることで、
 チューブと気管の隙から酸素などが
 漏れないようにし、換気をスムーズ
 にする役割があります。
 又、誤嚥、位置のずれ、抜管、
 気管壁の損傷などを防ぐ役割も
 しています。


○マーフィー孔
 チューブの先の側面にある
 マーフィー孔は、チューブの先端が
 分泌物や気管壁などでふさがれた
 時にも、マーフィー孔から換気が
 出来るようにしてあります。


○インフレーションライン
 (インフレーティングチューブ)
 カフとパイロットバルンをつなぐ
 管で、カフを膨らませる時の、
 空気の通り道です。


○パイロットバルン
 インフレーションラインでカフと
 繋がっているため、カフの状態を
 確認することが出来ます。
 カフ圧の高低、カフの破損などを
 確認することが出来ます。

 *カフはとても大切な役割を
  していますが、カフ圧が高いと
  気管壁を損傷するリスクが
  高くなります。
  低いとエアリークや誤嚥など
  の危険があります。
  カフ圧をより正確に調節する
  には、カフ圧計での計測が
  推奨されています。



○一方弁
(インフレーションバルブ)
 パイロットバルンの先に付いており
 カフを膨らませる時のシリンジの
 挿入口。
 カフ内の空気の出し入れを
 しています。
 弁が付いているため、空気漏れを
 防ぐ役割をしています。

*カフを膨らませたあとシリンジを
 つけたままにしておくと、空気が
 徐々に抜けるリスクが高くなる為
 空気を入れた後は、必ずシリンジ
 を取り外します。



○コネクタ
(スリップジョイント)
 マスクや人工呼吸器などを接続
 する部分になります。
 又、痰などの分泌物を吸引する
 時の、吸引カテーテルの挿入部
 になります。


○ベベル
 気管内チューブの先端部分で、
 挿入し易いように、切り口が、
 斜めになっています。


○X線不透過ライン
 気管内チューブが適切な位置に
 挿入されているか、X線で確認
 できます。


○リングマーク、目盛
 挿入する長さの把握、固定する
 時の位置確認などに役立ちます


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆ メ モ ◇
 カフ圧について
  一般的なカフ圧の目安は、
  20〜25cmH2O(水柱圧)

  チューブの種類などにより
  数値の範囲や単位が異なる
  場合もあります。

  カフ圧計がない場合は、
  パイロットバルーンの
  膨らみが耳たぶ程度の感触を
  目安とする場合もあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 続きはこちらです↓
  気管内チューブのサイズ

 

 


 パソコン向け 気管チューブの役割



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.