ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: 気管内チューブ
company


 気管内チューブについて


 ※ここでは、主に成人用の従来型
  の標準的なチューブについて
  記載しています。



○ 気管内チューブとは?
 気道を確実に確保するために、
 気管内に挿入する細長い管。
 挿管チューブ、気管チューブ
 とも呼ばれています。
 口又は鼻から挿入し、気管内
 に固定します。



○ 構造と各部の名称
 チューブ本体に、コネクタ、カフ、
 パイロットバルン、
 インフレーションライン、
 マーフィー孔
 (孔の無いものもあります)
 X線不透過ライン、ベベル、
 一方弁、リングマーク、目盛、
 などが付いています。

 チューブ先端の側面に
 孔(マーフィー孔)があります
 (孔がないものもあります)

 気管内チューブの先端から
 2〜3cmの部分にカフ(バルーン)
 が付いています。

 チューブの中央よりやや上の
 部分からインフレーションライン
 が枝分かれしています。

 インフレーションラインの先に
 パイロットバルンが付いています。

 パイロットバルンの先に
 一方弁がついています。

 チューブ本体の上部にコネクタ
 が付いています。

 *気管内チューブの種類により
  構造などが多少異なります。
  又、メーカーによって各部の名称
  も多少異なります。

 *新生児や小児の場合は
  カフなしのチューブを挿入する
  場合が多い。


 続きはこちらです↓
  気管内チューブの役割

 

 


 パソコン向け 気管チューブ



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.