ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: 喉頭鏡
company


 喉頭鏡について


 *喉頭鏡の種類により構造や操作
  などが異なります。ここでは、
  電球式のマッキントッシュ型の
  喉頭鏡について記載しています。



 ○ 喉頭鏡の構造
  喉頭鏡はブレードとハンドルが
  セットになっています。
  (取り外し可能)
  ブレードには電球がついています
  ハンドルには電池が入るように
  なっています。



 ○ 喉頭鏡の役割
  喉頭鏡は喉頭を広げる(展開)
  時に欠かせない機器です。
  管(気管内チューブ)を気管内に
  スムーズに挿入するために、
  喉頭鏡(ブレードの部分)を喉の
  奥まで挿入して喉頭展開します。

  ブレードの側面にランプが
  付いており、手技がし易いように
  喉頭部を明るく照らします。

  ハンドルの部分に電池を入れて、
  ブレードを取り付けて
  ランプを点灯させます。

  ※挿入する前は必ずライトが
   点くか確認します。



 ○ 喉頭鏡(ブレード)のサイズ
  年齢、性別、体格などに合った
  サイズを選択します。
  成人の場合の例としては、
  男性では4号、女性では3号


 ○ 喉頭鏡の種類
  喉頭鏡(ブレードの)の型には、
  曲型と直型あります。

  曲型にはマッキントッシュ型、
  マッコイ型などがあります。

  直型にはミラー型、
  ウィスコンシン型、
  ホワイトヘッド型などが
  あります。

  マッキントッシュ型が使用
  されるケースが多いです。

  マッコイ型は他の喉頭鏡と
  異なり、ブレードの後方
  手元にレバーが付いています。
  レバーを操作することにより、
  ブレードの先端が曲がる構造に
  なっています。
  マッキントッシュ型と比較
  すると、視野面積が広くなる
  利点があるようです。
  挿管が困難な時に使用される
  ケースが多いです。

  ミラー型は新生児や乳幼児に
  使用されるケースが多い様です

 *最近では喉頭部分をモニター
  画面で確認しながら挿入できる
  ビデオ喉頭鏡、
 (エアウエイスコープAWSなど)
  も使用されているようです。

 続きはこちらです↓
  挿管セット:気管内チューブ

 

 


 パソコン向け 喉頭鏡



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.