ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: 麻酔薬、潤滑剤
company


 麻酔薬、潤滑剤


 局所麻酔薬(表面麻酔)として、
 気管内挿管で一般的に使用されて
 いるのがキシロカインゼリーや
 キシロカインスプレーです。
 痛みや反射を抑制する働きが
 あります。

 キシロカインゼリーは、潤滑剤
 としても使用されています。
 粘膜を傷つけず、挿入をスムーズ
 にする役割があります。
 気管チューブの先端から約1/2の
 長さまで塗布します。

 *経鼻挿管の場合は、鼻腔内に
  キシロカインゼリーを注入し
  ます。
  キシロカインスプレーは、
  必要に応じて使用されます。
  通常は意識のある方に対して
  使用されます。
  喉頭や声門部に噴霧し、反射を
  抑制します。

 
*キシロカインに対してアレル
  ギーのある場合は、 薬効を
  含まない潤滑剤を使用します。

◆ メ モ ◇〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キシロカインスプレーについて
 キシロカインスプレーを気管
 チューブに噴霧すると、カフが
 損傷したり、マーキングが消失
 することもある為、気管チュー
 ブには使用しません。

 鎮静剤や鎮痛剤、筋弛緩剤の
 使用について

 緊急性や患者さんの状態によって
 判断されます。
 一般的には、意識のある方に対し
 ては、鎮静剤や鎮痛剤、筋緊張で
 挿管が困難な場合は、筋弛緩剤が
 使用されます。
 投与した場合の副作用には、十分
 注意します。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
※医療機関、医師、看護師などに
  より必要物品や使用方法などは
  多少異なります。
  又、患者さんの状態によっても
  異なる場合もあります。
  一つの例として参考にして頂け
  たらと思います。


 

 


 パソコン向け 麻酔薬、潤滑剤



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.