ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: 固定用テープ
company


 固定する時に注意すること


 *固定の方法にはいろいろ
  あります。
  医療機関や医師、看護師など
  により固定方法は異なります。
  又、患者さんの状態などに
  よっても違ってくると思います。
  一つの例として参考にして頂け
  たらと思います。


 ☆ここでは経口挿管の時の固定
  方法を記載しています。


 ○チューブがずれない様にする
 固定する時に一番注意しなけれ
 ばならないことは、気管チューブ
 の位置のずれ(深さの変化)です。
 テープをチューブに巻きつける時は
 常に位置の確認をします。
 マジックなどで印をつけておくと、
 確認しやすくなります。
 チューブに巻きつけるときは、
 印が見えるようにして、伸ばし
 気味に貼ります。

 気管チューブだけ持つと、ずれて
 しまう為、チューブを持つと同時
 に、指や手のひらで下顎等を持っ
 て安定させます。

 気管チューブとバイトブロックは
 別々に固定します。
 舌などを動かした時に、バイトブ
 ロックも動く可能性が高い為です。
 バイトブロックと共に気管チューブ
 も動いてしまいます。
 最初に気管チューブをしっかり固定
 してから、別のテープでバイトブ
 ロックと共に固定するか、バイト
 ブロックだけ固定します。
 出来れば、別々に固定したほうが
 より安全だと思います。

 ○口唇を圧迫しないようにする
 口唇や皮膚に貼る時は、少し緩
 めて貼ります。
 特に口唇の場合は、きつく貼ると
 潰瘍を形成する危険もあります。
 皮膚に貼付する面積が広がらない
 ように、テープに重なる面を多く
 します。

 ○下顎には貼らない方がより安全
 下顎は動きやすい為、固定が緩み
 がちになったり、気管チューブの
 位置が変動したりするリスクが
 あります。
 *患者さんの状態などによっては、
  下顎に貼付する場合もあると
  思います。


 続きはこちらです↓
  
麻酔薬、潤滑剤

 

 


 パソコン向け 固定する時の注意



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.