ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管:気管内挿管とは?
company


 気管内挿管とは?


 管を気管内に挿入することです。



 目的は?


 医療機器を使用して、気道を安全
 かつ確実に確保して、肺胞内での
 空気の出し入れ(換気)が、出来る
 ようにする。




 挿入部位は?


 ○ 口(経口挿管)
  例外を除いて、第一に実施される
  挿管方法です。
  短時間で実施出来ますが、口腔の
  清潔保持が難しく、他の方法より
  患者さんの負担が大きい。
  挿入期間の目安は、1〜2日。



 ○ 鼻(経鼻挿管)
  経口挿管が困難な時に施行され
  ます。
  主に、耳鼻科や歯科手術の全身
  麻酔時、開口障害、下顎骨骨折、
  頚椎損傷などで経口挿管が困難
  な場合、経口挿管が手技的に難
  しい場合 などに実施されます。
  鼻からの方が、解剖的に挿入し
  やすく、患者さんへの負担は、
  口からの挿管よりは軽くなります
  挿入期間の目安は、2週間ほど。



 ○ 気管切開(経気管)
   ☆気管切開の場合は、気管
   カニューレを挿入します。


  長期間、人工呼吸器が必要な
  時や、自力で痰を喀出することが
  難しい場合などに実施されます。
  口や鼻からよりも、患者さんへの
  苦痛は軽いですが手技は難しく
  なります。

 ※気管切開についての詳細は
  こちら をご参照ください。




 挿管が必要な時


 ○ 自力呼吸が困難な時
  自力での呼吸が困難な場合は、
  人工呼吸器の助けが必要に
  なります。

  緊急では、交通事故ややけど等
  の外傷の場合、気道の閉塞又は
  損傷、内科的疾患では脳梗塞、
  脳出血、急性心筋梗塞などの時
  が比較的緊急で挿管するケース
  が多いと思います。

  呼吸状態が徐々に悪化する
  ケースとしては、脳疾患、肺疾患
  呼吸筋の麻痺、末期で全身状態
  が悪化 などがあります。

 ○ 全身麻酔で手術をするとき

 ○ 心臓手術後など安静が必要な時

 続きはこちらです⇒ 必要物品

 

 


 パソコン向け 気管内挿管とは?



  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.