ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: カフ圧
company


 適正なカフ圧について


 *文献により多少異なります。
 *カフ圧計や気管チューブの
  種類(カフの種類など)で
  数値の範囲や単位が異なります


 ○適正圧(安全域)の数値例
  20〜25cmH2O(水柱圧)
  20〜30cmH2O
  20〜40cmH2O  
  27〜34cmH2O

 水柱圧(cmH2O)と水銀圧(mmHg)
 の両方が併記されたカフ圧計も
 あります。
 1mmHg(水銀圧) ≒1.36cmH2O

 hPa(ヘクトパスカル)で
 表記されたカフ圧計もあります。
 1cmH2O ≒ 1hPa


 カフ圧計がない場合やカフ圧計が
 使用できない気管チューブの場合
 は、パイロットバルーンの膨らみ
 が、耳たぶ程度の感触を目安とす
 る場合もあります。
 緊急時の場合はとりあえずエア
 リークのない圧で固定し、その後
 カフ圧計で正確に計測する必要が
 あります。  

 ※個人に合った適正な圧もあると
  思います。
  患者さんや臨床状況などにより
  適正なカフ圧は異なる場合もあ
  ると思います。
  最終的には担当医の判断になり
  ます。


◆メモ◇〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 気管粘膜の血流
 (気管壁を流れる血管の圧)
 *文献により異なります。
  参考数値:例
   気管壁の毛細血管圧
    20mmHg〜25mmHg
    (27〜34cmH2O)
   気管動脈圧
    30mmHg 35mmHg
    40mmHg
   気管静脈圧
    18mmHg 20mmHg

  動脈圧よりも高い場合は壊死
  静脈圧よりも高い場合はうっ血

 
*メモのメモ
   膠質浸透圧は全身一定の圧力。
   皮膚毛細血管圧
   15−30mmHg
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  続きはこちらです↓
   カフによる合併症

 

 


 パソコン向け 適正なカフ圧




  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.