ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: カフ圧計
company


 カフ圧計の使用方法:例2
 三方活栓とシリンジを使用


 ☆カフ圧計の種類や医療機関、
  取り扱う人などにより
  操作方法は多少異なります。


 ○三方活栓とシリンジを
  使用する方法 例


 *カフ圧計の種類や取り扱う人に
  よっては、圧を微調整し難い
  場合もあるようです。
  その場合は三方活栓とシリンジ
  を使用して計測する方法もあり
  ます。


  シリンジは 3ml 5ml 10ml 
  のいずれかを使用。

 @接続チューブをカフ圧計と
  気管チューブに接続する

  カフ圧計のルアー接続部に
  付属の接続チューブを接続
  します。
  反対側(気管チューブに
  接続するほう)に三方活栓
  を取り付けます。
  三方活栓にシリンジを接続
  します。

 
*接続する時は破損しない
  ように、リークがないよう
  に注意します。


 Aカフ圧計の圧の設定
  カフ圧計のグリップ
 (インフレーションバルブ、
  空気ポンプなど)を押して
  指示された圧又は適正な圧
  まで上げます。
  接続チューブの先まで圧を
  かけます。
  圧が高ければリーリスボタン
 (圧力調製ネジなど)で
  空気を逃がし、低ければ
  グリップ(インフレーション
  バルブ、空気ポンプなど)で
  空気を送り込みます。
  適正な圧よりもやや高めに
  上げた後に、徐々に空気を
  抜いて調節した方が設定し
  やすいようです。
  圧の設定が確認できたら、
  設定した値がずれないように
  三方活栓で全閉鎖します。
  その後、気管チューブの
  パイロットバルン(イン
  フレーションライン)の
  バルブ(一方弁)に接続
  します。

 
*接続チューブはカフ圧計側が
  ルアーロック式、気管チュー
  ブ側がルアースリップ式に
  なっています。
  接続する時は破損しないよう
  に注意します。


 
*ある程度膨らませることで、
  気管壁にカフをより均一に
  密着させることが出来ます。


 Bカフ圧を調節
  三方活栓を全開放して気管
  チューブのカフ内圧を調節
  します。
  圧が低い場合はシリンジで
  空気を送り込みます。
  高い場合は空気を抜きます。
  シリンジのほうが微調整が
  し易い。

 
*適正な圧はカフの種類
 (気管チューブの種類)
  などで多少異なります。


 参照→適正なカフ圧について

 Cカフ圧計を外す
  調節後は、リリースボタンを
  離しても、適正な圧が維持され
  ているか確認します。
  聴診や人工呼吸器の換気量の
  チェックなどで、エアリークの
  有無を確認します。
  圧の設定が終わったら、
  三方活栓を閉鎖して、パイロ
  ットバルン(一方弁)から、
  接続チューブ(三方活栓、
  シリンジ含む)を取り外します。

 *三方活栓やシリンジを使用
  することで、圧の調節がより
  スムーズにでき、圧をより
  正確に調節できるようです。

 *接続チューブや三方活栓、
  シリンジなどを使用しなくても
  計測できます。
  気管チューブのパイロット
  バルーン(一方弁)を直接
  カフ圧計(ルアー接続部)
  に接続して計測する方法も
  あります。


 *バキュームバルブのある
  カフ圧計では、カフ内の空気
  を完全に抜く(脱気)時に
  使用します。
  ない場合はシリンジで脱気。
 

◆メモ◇〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 カフの脱気について
 抜管する時はカフ内の空気を全部
 抜きます。
 気管粘膜の血行障害などの予防の
 為に実施する脱気は、適正な
 カフ圧が維持されていれば、
 必要はないようです。
 脱気することで誤嚥の量が多く
 なり、肺炎のリスクが高まる為
 です。
 脱気する必要性がある時は、
 口腔や鼻腔、咽頭、カフ上部など
 に貯留した分泌物を吸引して
 おきます。

 三方活栓のタイプ
 コックのタイプ
 1バー タイプ(一つのバー)
 3バー タイプ(3つのバー)
 コックが45度の角度で全閉鎖
 (全ロック)
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 続きはこちらです↓
 適正なカフ圧について

 

 


 パソコン向け カフ圧計の使用方法A




  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.