ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: カフ圧計
company


 カフ圧計の使用方法 : 例 1
 付属の接続チューブのみを
 使用する方法


 ☆カフ圧計の種類や医療機関、
  取り扱う人などにより
  操作方法は多少異なります。
  ここでは、接続チューブのみを
  使用する方法と三方活栓と
  シリンジを使って計測する方法
  をまとめてみました。


 ○付属の接続チューブのみを
  使用する方法 例


 @カフ圧計と気管チューブを
  接続チューブでつなぐ

  カフ圧計のルアー接続部と
  気管チューブのパイロット
  バルン(インフレーション
  ライン)のバルブ(一方弁)
  に付属の接続チューブ
 (耐圧チューブ、延長チュー
  ブなど)を接続します。

 
*接続する時は破損しない
  ように、リークがないよう
  に注意します。


 Aカフを拡張させる
  グリップ(インフレーション
  バルブ、空気ポンプなど)
  をおして、カフに空気を送り
  込みます。
  適正な圧よりやや高めに圧を上
  げる(文献例60〜90cmH2O)

 
*ある程度膨らませることで、
  気管壁にカフをより均一に
  密着させることが出来ます。


 B適正な圧に調節
  カフを高い圧で膨らませた後
  はすぐにリリースボタン
  (圧力調製ネジなど)で
  徐々に減圧(空気を抜く)
  して、適正な圧に調節します。

 
*適正な圧はカフの種類
  (気管チューブの種類)
  などで多少異なります。


 参照→適正なカフ圧について

 Cエアリークがないことを
  確認する

  調節後は、リリースボタンを
  離しても、適正な圧が維持され
  ているか確認します。
  聴診や人工呼吸器の換気量の
  チェックなどで、エアリークの
  有無を確認します。

 D接続チューブを取り外す

 
※計測する前に正常に機能する
  かチェックします。

  
チェックの例
  ハイ・ロー・ハンドカフ圧
  ゲージUの場合
  ルアー接続部分を指などで
  塞いで、120cmH2Oまで圧を
  上げます。
  その値が2〜3秒間維持される
  ことを確認します。


 続きはこちらです↓
 使用方法例2 三方活栓とシリンジ

 

 


 パソコン向け カフ圧計の使用方法@




  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.