ナースのホームページ

 ナースのホームページ スマホ向け

気管内挿管: マギル鉗子
company


 マギル(マギール)鉗子の
 役割、構造、使用方法など


 ○役割
 主に経鼻挿管の時に使用されます
 気管内チューブの先を鉗子で把持
 して、チューブを誘導する役割が
 あります。
 *異物を除去する時に使用する
  こともあります。

  ○構造・サイズ・材質
 構造
 はさみの様な形状をしています。
 口腔内の奥に挿入しやすいように、
 中央に近い部分は湾曲になってい
 ます。
 刃先はのこぎり歯の付いたリング
 状になっています。

 サイズ
 メーカーにより分類や長さなどは
 異なります。
 例
 S 200mm M 250mm L 280mm
 など 3つのサイズがあるものや、
 S 185mm L 240mm など
 2つのサイズのあるものなどが
 あります。

 材質
 ステンレス鋼

 ○使用方法
 
*医師や救急救命士など
  資格のあるものが実施します。


 鉗子のハンドル部分に、親指と
 薬指(又は中指)を入れて
 開閉します。
 人差し指は鉗子の交差部分にあて、
 支えます。
 気管内チューブを鼻腔から
 ある程度進めた後に、喉頭鏡を
 口腔内に挿入して、喉頭を開き
 ます。
 気管内チューブの先を確認した後、
 マギル鉗子を挿入し、チューブの
 先を挟んで声門へと誘導します。
 ☆チューブを鋏む時は、
  カフの部分を鋏まないように
  注意します。


 続きはこちらです↓
  カフ圧計の役割と構造

 

 


 パソコン向け マギル鉗子




  

Copyright©2014〜ナースのホームページモバイル all rights reserved.